中嶋一貴
中嶋一貴は、2010年にウィリアムズのシートを失う可能性があることを認めた。

2010年もF1に留まることを望んでいる中嶋一貴だが、今シーズンまだ無得点に終わっている。またトヨタの強い支援を受けている中嶋一貴だが、来年ウィリアムズはほぼトヨタ・エンジンを搭載しないことで決定している。

「まだ何も言われていないし、チームに留まることを望んでいます・・・そうならないかもしれませんが、今回がシンガポールでの最後のレースになるとは考えていませんし、来年戻ってくると確信しています」とシンガポールに到着した中嶋一貴は語る。

現在、ウィリアムズで中嶋一貴とチームメイトを組むニコ・ロズベルグは、2010年にブラウンGPかマクラーレンに移籍することが確実視されている。

また、現在ウィリアムズのテストドライバーを務め、GP2チャンピオンとなったニコ・ヒュルケンベルグが来年レースシートに昇格することもほぼ確定している。

中嶋一貴は、ニコ・ヒュルケンベルグについて「彼には間違いなく才能があるし、速さを示すことによって、彼を支援する人たちを見つけることができている」とその資質を認めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 中嶋一貴 / ウィリアムズ