中嶋一貴
中嶋一貴は、来年F1に残るためにはシーズンの最後の4レースで結果を出す必要があることを認めている。

中嶋一貴は、2010年にニコ・ヒュルケンベルグにシートを奪われそうになっており、F1に留まる可能性を探って日本に戻ってスポンサーの確保に励んでいる。

来年のドライバー市場は、いくつかの重要なシートとドライバーが決まっておらずまだ不明確ではあるが、中嶋一貴はシートを得るために資金よりも必要なものがあると認めている。

「ドライバー市場は、誰にも何も決められていないように思います。一部の人が動けば、動き始めるでしょうね」

中嶋一貴は、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラムに所属したままであり、今のところ彼らに将来の計画を委ねている。

ウィリアムズは、来年ルノーエンジンへの変更を検討しているが、中嶋一貴は来年もウィリアムズに残留することを希望している。

「そう願っています。彼らが決めることですが、結果を出せていません」

「でも、まだ彼らに示すことができることがあると確信しています。チームは僕にって家族のようなものですし、みんなを知っているので残りたいです」

「予選やレースでのパフォーマンスは、去年より確実に良くなっていますし、マシンのパフォーマンスも去年より良くなっています。すべてが揃っているのに、どうしたものか結果だけが出ません。フラストレーションが溜まるときもあります」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 中嶋一貴 / ウィリアムズ