F1オーストラリアGP フリー走行2回目
2019年のF1世界選手権 第1戦 オーストラリアGPのフリー走行2回目が3月15日(金)にメルボルンのアルバート・パーク・サーキットで行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが午前中に続いてトップタイムを記録した。

現地時間16時から気温21℃、路面温度43℃のドライコンディションでフリー走行2回目はスタート。決勝スタートとほぼ同じスタート時刻ということもあり、各チームはレースに焦点を当てたロングランを実施した。

フリー走行2回目のトップタイムはメルセデスのルイス・ハミルトンが記録した1分22秒600。2番手にもバルテリ・ボッタスが0.043秒差で続き、メルセデスが1-2体制で初日を終えた。

メルセデスに続いたのがレッドブル・ホンダ。マックス・フェルスタッペンが33周を走行してトップから0.800秒差となる1分23秒400を記録。チームメイトのピエール・ガスリーも0.842秒差の4番手に続いた。セッション終了間際にガスリーが「ノーパワー」と無線で伝えてピットに入ったが、センサーのマイナーなトラブルで今後のセッションには影響はないようだ。

5番手タイムはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。トップから0.873秒差となる1分23秒473をマーク。チームメイトのシャルル・ルクレールは終了間際にスピンを喫するなどもあり、9番手タイムで終えている。

ミッドフィールド勢でトップに立ったのは午前中に引き続いてアルファロメオのキミ・ライコネン。トップから0.974秒差の6番手につけた。その後ろにはニコ・ヒュルケンベルグ、ダニエル・リカルドが僅差で続いた。

トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトが36周を走行して11番手タイムとなる1分23秒933、アレクサンダー・アルボンは40周を走行して17番手となる1分24秒675でセッションを終えた。

F1オーストラリアGP フリー走行3回目は、明日16日(土)の12:00~13:00(現地時間 14:00~15:00)のスケジュールで行われる。


2019年 第1戦 F1オーストラリアグランプリ フリー走行2回目 順位・タイム
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス) - 1分22秒600
2.バルテリ・ボッタス(メルセデス) - 1分22秒648
3.マックス・フェルスタッペン(レッドブル) - 1分23秒400
4.ピエール・ガスリー(レッドブル) - 1分23秒442
5.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) - 1分23秒473
6.キミ・ライコネン(アルファロメオ) - 1分23秒572
7.ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー) - 1分23秒574
8.ダニエル・リカルド(ルノー) - 1分23秒644
9.シャルル・ルクレール(フェラーリ) - 1分23秒754
10.ロマン・グロージャン(ハース) - 1分23秒814
11.ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ) - 1分23秒933
12.ケビン・マグヌッセン(ハース) - 1分23秒988
13.ランス・ストロール(レーシングポイント) - 1分24秒011
14.カルロス・サインツ(マクラーレン) - 1分24秒011
15.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ) - 1分24秒133
16.セルジオ・ペレス(レーシングポイント) - 1分24秒293
17.アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ) - 1分24秒401
18.ランド・ノリス(マクラーレン) - 1分24秒675
19.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ) - 1分24秒733
20.ロバート・クビサ(ウィリアムズ) - 1分26秒453

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1動画 | F1オーストラリアGP