F1 セルジオ・ペレス シンガポールGP
フォース・インディアのセルジオ・ペレスは、F1シンガポールGPの決勝でセルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)に体当たりしてドライブスルーペナルティを科せられた。

7番グリッドからスタートしたセルジオ・ペレスは、16周目にピットイン。しかし、ウルトラソフトでスタートしたセルゲイ・シロトキンの後ろの16番手でコースに復帰することになる。その前にはソフトでスタートしたランス・ストロール(ウィリアムズ)がいた。

その後、無線でトラフィックのなかに出されたことに不満を述べていたセルジオ・ペレスは、抜き抜くいマリーナ・ベイ・サーキットで10周以上をセルゲイ・シロトキンの後ろで過ごすことになる。

そして、34周目にオーバーテイクを仕掛けてセルゲイ・シロトキンの前に出かけたところで、セルジオ・ペレスは接触。ステアリングを左に動かしているのは明らかであり、フラストレーションによる意図的な体当たりのように見える。

この接触で左リアタイヤをパンクさせ、さらにマシンにも大きなダメージを負ったセルジオ・ペレス。審議の結果、ドライブスルーペナルティを科せられ、最終的に17位でフィニッシュ。

フォースインディアは、エステバン・オコンがオープニングラップでセルジオ・ペレスとの接触でウォールにクラッシュしており、0ポイントでシンガポールを離れることになった。

関連:F1シンガポールGP 結果 | ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1動画 | フォース・インディア | F1シンガポールGP | セルジオ・ペレス