F1 2018年のF1世界選手権
F1公式サイトが、2018年F1マシンの変更点を解説した動画を公開した。

2018年のF1マシンは、技術レギュレーションが大幅によってF1マシンがワイド&高速化した2017年ほど大きな変更はないが、見た目とパフォーマンスに影響を及ぼす変更が加えられることになる。

2018年F1マシンの最大の特徴はコックピット保護デバイス『Halo』の追加。また、2017年に不評だったTウィングとシャークフィンが禁止となる。


Tウィングとシャークフィンの禁止

F1チームは2017年のレギュレーション変更に際して、いつものようにルールに書かれていない“抜け穴”を探した。これにより“シャークフィン”エンジンカバーが復活し、さらにハンガーのような“Tウィング”が追加された。この2つが2018年には禁止となる。シャークフィン復活とTウィング復活の背景には動画で開設されているようなレフュレーション解釈にあった。赤いブロックの部分は開発が禁じられていたが、中央のスペースには制限がなかった。そのためチームは、リアウイングへの気流を整えるためにシャークフィンが復活し、場合によってはダウンフォースを追加されるべく、750mmの範囲内で追加のウィングとなるTウィングを生み出した。

Haloの導入

2018年のF1マシンで最も大きな変化をもたらすのはコックピット保護デバイス『Halo』の追加となる。事故の際にドライバーの安全性をさらに向上、特に頭部からデブリを逸らすように設計されている。Haloの装着は義務となり、コアデザインはルールによって決定しているが、チームは上面の20mm以内で非構造フェアリングを加えることが許されており、様々な小さな空力デバイスが加えられることになるだろう。動画ではFIAの静的負荷テストに合格するために耐えなければならないHaloの衝撃力(キロニュートン)を示している。Haloをマウント部分をできるだけ軽量にすることが理想であり、このエリアはチームが多くの時間を費やしているエリアとなる。Halo導入にむけてF1マシンの最低重量は6kg増加した734kgとなるが、実際のデバイスとマウントによる影響は14kgになる可能性があるとされている。それはバラストを積む余地が少なくなることを意味し、体重の多いドライバーには不利になる可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1動画