メルセデスF1代表 「2022年シーズン中にマシンコンセプトを変更した」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、W13は外部からボディワークは同じに見えたかもしれないが、2022年シーズン中に車のデザインコンセプトを変更していたと述べた。

メルセデスは、過去8回連続でコンストラクターズチャンピオンシップを獲得して2022年に入ったが、202 年のグラウンド エフェクトカーへの変更により、シーズンが始まるまで検出されなかった根本的なフロアの問題に悩まされた。

外面的には、メルセデスF1は「ゼロポッド」の哲学に固執したが、ウィリアムズなどはこれを放棄して、レッドブルと同様の設計哲学を採用した。

それにもかかわらず、トト・ヴォルフは、メルセデスF1チームが2022年のシーズン中にマシンのコンセプトを変更したことを明らかにした。

以前、トト・ヴォルフは、メルセデスF1が2022年にレッドブルに奪われたタイトルを取り戻そうとしており、2023年のW14は前任者とは異なる「DNA」を持つだろうと述べていた。

トト・ヴォルフは、2023年にレッドブルRB19に挑戦するW14が「ゼロポッド」のアイデアを保持することをほのめかした。

「私は風洞に入り、『あれは今年のマシンにそっくりだ』と言った」とトト・ヴォルフはアブダビでRacingNews365.comを含むメディアに説明した。

「しかし、彼らは私に『その下は非常に異なっている』と言った」

「それは気流、重量配分、エアロマップに関するものだ」

「我々の車はシーズン途中に根本的に変更された。コンセプトは変更されたが、ボディワークには何も見えなかった」

「狭いサイドポッドのコンセプトは気をそらすようなものだと思う」

「最後に風洞で見たときは驚きに満ちていたが、彼らは同じではないと言った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス