メルセデスF1代表、ルイス・ハミルトンの後任にセルジオ・ペレスの噂を否定
メルセデスF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンの後任としてセルジオ・ペレスを含む他のドライバーと話をしたとの噂を強く否定した。

2021年の最終戦F1アブダビGPの物議を醸す展開でルイス・ハミルトンがF1ワールドチャンピオンを逃した後、2022年にF1グリッドに戻ってこないかもしれないとの噂が広がった。実際、ハミルトンがソーシャルメディアで沈黙を貫いて噂の火に油を注いだ。

しかし、これらの噂は、ルイス・ハミルトンが2月にメルセデスW13の発表会に参加したことで終息した。だが、競争力のないW13によってメルセデスF1チームが2022年のタイトル候補から大きく外れたことで、F1引退の話はすぐに戻ってきた。

ルイス・ハミルトンが今シーズンの終わり、もしくは2023年の終わりにF1を去ることを決定した場合、誰が後任になるかについてメディアとファンにとって候補リストが作られているが、トト・ヴォルフは、彼とメルセデスF1チームによってそのような計画は立てられていないと述べた。

噂が広まった名前の1つはレッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスだったが、トト・ヴォルフはそれらの報道は完全に的外れであると述べた。

「完全にでたらめだ」とトト・ヴォルフは断固として述べました。

「セルジオに電話したことはない。彼はいい人で、彼のことを尊敬しているが、私は彼と話をしたことはないし、他のドライバーとも連絡を取り合っていない」

「ルイスと私は、今シーズン序盤のようなあまり有望ではないシナリオに直面しても、物事をより良くしようと努力し、来年も一緒にいたいという気持ちで常に一致している」

「そして、我々は数か月間、おそらく5年か10年は続けることができるとお互いに言い合ってきました。したがって、そのどれも真実ではない」

毎年タイトルを争うことに慣れていたF1ドライバーにとって、このようなパフォーマンスの低下に失望するのは簡単なことだ。

しかし、トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンの場合、メルセデスF1チームをトップに返り咲かせるというモチベーションは依然として強く、チームの他のメンバーが従うべき優れたロールモデルであり続けていると語った。

「序盤戦は、我々全員にとって少し残念だった。現実を受け入れるのは簡単ではないし、楽しい経験ではなかったのは確かだ」

「しかし、最初の数レースの後、彼は非常に特別なスピリットを持って戻ってきた。彼はこの車をトップのポジションに入れることに完全に集中している。非常に困難な日々を過ごしたときでさえ、彼は常にチーム内で最もポジティブな人物だった」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / セルジオ・ペレス