メルセデスF1代表、ハミルトン沈黙の理由は「まだ感情が揺らいでいる」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがF1アブダビGPでの敗北以降に沈黙を貫いているのは、まだ“感情が揺らいで”おり、単に“言葉が欠如している”からだと説明した。

ルイス・ハミルトンは、F1レースディレクターのマイケル・マシが決定した物議を醸すセーフティカー手順の後、レースの最終ラップでライバルであるマックス・フェルスタッペンにリードを奪われてタイトルを失った。

それ以来、ルイス・ハミルトンはソーシャルメディアでも完全に沈黙しており、ウィンザー城でのナイトの称号を授与されたときと、ブラックリーのメルセデスのブラックリーでの年末の祝賀会でしか公の場で姿を見せていない。

ルイス・ハミルトンの完全な報道管制は、彼がF1から引退を検討している可能性があるとの憶測に繋がっている。

実際、ルイス・ハミルトンがこのままF1から引退すると信じているインサイダーはほとんどいないが、トト・ヴォルフは、メルセデスF1チーム全体と同じように、ルイス・ハミルトンはまだ敗北の痛みを感じており、世間の目から離れることによって状況に対処していると示唆した。

「我々全員が感情が揺らいでいる。特にルイスはそうだ」とトト・ヴォルフはMotorsport-total.comに語った。

「彼は最終ラップまでワールドチャンピオンシップを制していた。だが、その後、すべてが瞬時に奪われた」

「もちろん、何が起こったのか理解できないと信仰を失ってしまう。もちろん、彼が沈黙しているのは、単に言葉も欠如しているからでもある」

F1アブダビの後、メルセデスF1は数日間上訴プロセスを熟考した。その間、トト・ヴォルフはルイス・ハミルトンと会っていた。

「ルイスは私と関係者全員と一緒にオフィスにいた。そして、我々はその間ずっと連絡を取り合っていた」とトト・ヴォルフは説明した。

「午後、我々はビデオハングアウトに戻り、何をすべきかを決定した」

「ナイトの称号を得る前に私が彼に彼はこれまでの人生の仕事とパフォーマンスに敬意を表すことに数時間をかかるべきであり、それらのポジティブな瞬間を考えて過ごすように努めるべきだと伝えた」

「彼はそうしたと思う。彼にとってそれがどれほど名誉なことか皆さんも分かるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン