メルセデスF1 「今後もハミルトンとフェルスタッペンの接触は免れない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間で“スポーツマンライク”なライバル関係を再開しない場合、F1はそれ以上のクラッシュを免れないだろうと語る。

最近のF1イギリスGPでのルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの衝突は、レッドブルとメルセデスがお互いに言葉の応戦を繰り返し、F1の主要な論点になった。

そして、2人のドライバーがクラッシュ以来初めて会うことになっている今週末のF1ハンガリーGPは激しいバトルになる可能性が高い。トト・ヴォルフはさらなる衝突が起こる可能性があると認める。

トト・ヴォルフは、F1イギリスGPの出来事がルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間の競争を新しいレベルに引き上げたことに疑いの余地はなく、それは物事がここからどのように進むかを予測することを困難にすると考えている。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの戦いがどのように発展すると考えているかと質問されたトト・ヴォルフは「シルバーストン以降、激しさは増していくと思う」と語った。

「彼らがポジションを争うのがこれが最後ではないのは確かだろうし、彼らがスポーツマンライクな方法でそれを行うことができることを願っている。そうでなければ、衝突が増えるだろう」

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは2021年F1シーズン中に多くのバトルを展開してきたが、F1イギリスGPは初めての本格的な接触となった。

過去にルイス・ハミルトンはタイトル争いを長期的なものと捉えてトラブルを回避することを選択していると述べていたが、今後はどちらのドライバーも退くことはないだろうとトト・ヴォルフは語る。

「彼の(ハミルトンの)成功の一部は、レースクラフトだけでなく、成熟度でもあると思う」とトト・ヴォルフは語った。

「ポイントを獲得する必要があるため、チャンピオンシップに勝つためには長期的な戦略が重要だ。トラックポジションを譲ることは、過去数レースのパターンの一部という状況になっていた。今回はどちらも認めず、激しい衝突に終わった」

しかし、トト・ヴォルフはルイス・ハミルトンが故意に事故を引き起こしたわけではないと断固として主張する。

「彼はそのような論点を証明することをはるかに超えていると思う。彼は99回のレースウィナーであり、7回のワールドチャンピオンだ。ルイス・ハミルトンが誰かに証明する必要があるものはもうない」

トト・ヴォルフはクラッシュの余波に対処しなければならないという点では見知らぬ人ではない。元ドライバーのニコ・ロズベルグは過去にルイス・ハミルトンと何度か衝突したことがある。

ただし、最新のシナリオは、紛争が異なるチームの外部シナリオであるという点でわずかに異なる。

それを管理するのは簡単か難しいかと質問されたトト・ヴォルフは「外部のものは扱いやすい。チーム内の論争からはほど遠い」とコメント。

「コンストラクターズチャンピオンシップを勝ち取り、チームの価値観と強力なメルセデスブランドを尊重してドライブするには、両方のドライバーが適切なヘッドスペースにいる必要があるため、これらを管理することは非常に困難だ」

「外部との戦いはF1が常にそうであった方法であり、管理するのが難しいものではない」

しかし、別のチームとの戦いは、状況がどのように発展するかをより不確実にする。

「チーム内でライバル関係が醜い場合はエスカレートを解除するためのツールがある」とトト・ヴォルフは付け加た。

「他のチームとの競争では、物事は起こるべくして起こる。そして、我々はこの段階で何が起こるかについて特別な判断を下してはいない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン