メルセデスF1 「シンガポールGPはレッドブル・ホンダとのバトルになる」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1シンガポールGPではレッドブル・ホンダがメインのライバルになると予想する。

パワーサーキットで開催されたF1ベルギーGPとF1イギリスGPの2連戦では、メルセデスは最善の努力をしたにもかからず、フェラーリとシャルル・ルクレールの2連勝を止めることができなかった。

しかし、次戦F1シンガポールGPは、ツイスティでテクニカルなマリーナ・ベイのストリートサーキットで行われ、メルセデスとレッドブルが勢力図でライバルとのバランスを取り戻すと予想されている。

「スパとモンツァが我々にとって難しいことはわかっていた」とトト・ヴォルフは Sky Sport に語った。

「理論的には、我々はシンガポールで強いはずだ。レッドブルがそうであるようにね。我々がそこで彼らを粉砕できるか見てみよう」

「しかし、フェラーリが学んでおり、ハンガリーよりも優れたパッケージを持っていることは間違いない」

シャルル・ルクレールは、フェラーリがシンガポールGPで苦戦することを予想するとすでに述べている。

「現実にとどまる必要がある」とシャルル・ルクレールは主張。

「スパとモンツァは僕たちのクルマにとって非常に良いレースになると期待していたが、次のいくつかのレースは僕たちのクルマにとってはるかに難しいだろうことも知っている」

「簡単ではないだろう。シンガポールは特にね。僕たちが期待するよりも優れていれば、それは嬉しいサプライズになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1 / F1シンガポールGP