マクラーレンF1代表、ダニエル・リカルドとランド・ノリスのギャップを説明
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ランド・ノリスとダニエル・リカルドがドライバーズランキングで37ポイントの差が生じた理由についていくつか説明した。

シーズン序盤はフィールドの後方で戦うことになるかもしれないと語っていたランド・ノリスだが、彼とマクラーレンF1のターンアラウンドは多くの人に感銘を与えており、すでに表彰台を獲得している。

だが、ダニエル・リカルドは、ランド・ノリスの5回に対して1回のポイントフィニッシュを記録しておらず、マクラーレンF1チームの上昇曲線に一致していない。

マクラーレンは、2021年シーズンにダニエル・リカルドに大きな忍耐を示していた。リカルドはチームで唯一の勝利を収めたにもかかわらず、チームメイトのランド・ノリスと55ポイントの差がついていた。

ダニエル・リカルドのであるザク・ブラウンは、モナコグランプリに先立ってリカルドの不振について公然とコメントしたため、躊躇しなかった。

32歳のダニエル・リカルドは金曜日のプラクティスでクラッシュを喫し、予選でも14位と低迷。行列となった日曜日のレースを13位でフィニッシュしている。

アンドレアス・ザイドルは、ダニエル・リカルドのモナコグランプリでのパフォーマンスについて「ダニエル自身も言っていることだが、全般的に彼はまだ車で100パーセントを感じていない。車を絶対的な限界にプッシュすることが重要となる予選では特にそうだ」とコメント。

「彼はランドという非常に強いチームメイトとも対峙している。その両方を組み合わせが、我々が時々見ているギャップだ」

しかし、ダニエル・リカルドがMCL36攻略できていないことが理由ではない。アンドレアス・ザイドルは、スペイングランプリでのリカルドの期待外れの結果は、車の問題のせいであることを発見した。

重度の扁桃炎に苦しんでいたランド・ノリスは8位につけ、ダニエル・リカルドは12位でレースを終えた。

「バルセロナのレースでは、ダニエルがより良いペースで走ることはシンプリに不可能だった。それはレース後に分析しなければならなかったことだ」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「車に問題があり、それが重要な説明をしてくれた。我々はそこから学んだ」

マクラーレンF1の2人のドライバー間のギャップが大きくなるほど、ダニエル・リカルドの将来についての憶測が高まっている。

ダニエル・リカルド自身は、現在の契約が終了する2023年までマクラーレンF1で走る予定だと語っているが、ザク・ブラウンは契約には終了条項があることを明言している。

一方、チームは、ダニエル・リカルドを若いチームメイトに近づけるために協力することに焦点を合わせているとアンドレアス・ザイドルは語る。

「ダニエルと一緒に、双方のコミットメントを持って我々にできることは、これらの最後のパーセンテージを見つけるためにシンプリに一生懸命に働き続けることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド / ランド・ノリス