マクラーレンF1代表、2022年マシン『MCL36』の開発に「非常に満足」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、2022年F1マシン『MCL36』の進捗に満足しているが、相対的なペースについてまだ「まだまったくリファレンスがない」と認める。

今年F1で導入される完全に新しい技術規則に備えて、大多数のF1チームは、昨シーズンの序盤に根本的にコンセプトが異なる2022年F1マシンに焦点を完全に切り替えた。

F1ドライバーは、シミュレーターでテストした次世代F1マシンにもたらされる様々な課題について意見を表明し始めている。2022年から導入されるF1マシンは、より接近したレースを可能にすることを目標として、空力に依存する哲学からグラウンドエフェクトカーに移行する。

F1チームは、舞台裏で2022年F1マシンの準備に懸命に取り組んでいるが、マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは「リファレンスがまったくない」ためチームがどこに立っているかを正確に知ることは難しいとFormel1.deに語った。

「それでも、チームとして野心的で現実的な目標を設定しようとするのは当然のことだ」とアンドレアス・ザイドルは語る。

新車は2022年にチームがすぐに全力で取り組めることを期待して開発されており、アンドレアス・ザイドルは、マクラーレンの新車『MCL36』の新レギュレーションの対応に満足していると語る。

「私の観点からは、現在見ている開発に非常に満足している。マシンは開発に対応している」とアンドレアス・ザイドルは言った。

「我々は風洞で毎週本当に進歩している。バーレーンでの最初の予選セッションまで、最終的にどれだけの価値があるかはわからない」

「私にとって最も重要なことは、このマシンの開発が近年の開発と比較して再び一歩前進しているということだ」

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンによると、チームは最近のシーズンでの運営方法を変更し、内部構造の変更と5億5,000万ポンドの財政的支援を組み合わせた。

これらの要素が合わさってマクラーレンF1の作業環境は改善されており、アンドレアス・ザイドルはマクラーレンがF1のトップテーブルに戻るための適切な人材を確保していると「確信」していると語った。

「2年以上前に、組織と構造の面でチームを大幅にリセットした」とアンドレアス・ザイドルは説明。

「我々は、次のステップに進むために必要なすべての才能を持っていると完全に確信している。今、我々は単に時間を必要としている。我々は毎日一緒に仕事をしなければなりません。理想的に進んでいないかもしれないことから一緒に学び、そこから成長しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1マシン