マクラーレンF1 「メルセデスへの切り替えでシャシーに妥協を強いられた」
マクラーレンF1の2021年マシン『MCL35M』は、メルセデスのF1パワーユニットに対応するためにシャシーを調整することに開発トークンを費やさなくてもよかった場合、コンポーネントの一部が再設計されていたとテクニカルディレクターのジェームズ・キーは語った。

FIA(国際自動車連盟)は、新型コロナウイルスの緊急計画の一環として、2020年のシャシーを再利用することを義務付けた。

F1チームには、マシンのマイナーな変更やアップデートを可能にするために2つのトークンが与えられたが、マクラーレンは、メルセデスのF1パワーユニットに切り替えるために、ルノーを搭載した2020年型シャーシを変更することにトークンを使用する必要があった。

マクラーレンのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・キーは、マクラーレンが2022年に特定していた弱点に変更を加えることができないことを意味し、チームはすでに劣勢に立たされていたと説明した。

「トークンを使えていれば良かっただろう。エンジンの取り付けに使わなければならなかったのは少し残念だといつも言っていた」とジェームズ・キーはRacingNews365.comに語った。

「多くのコンポーネントを変更する必要があったが、ホモロゲーションの目的はコンポーネントを同じものに保つことだった。ある程度それは理解できるが、我々はあまり長くは考えてはいられなかった」

「問題のいくつかを克服するために少し前に進んだし、21年に費やすトークンがないことを補うために、2020年に追加の作業を行った」

ジェームス・キーは続けて、マクラーレンがルノーのF1パワーユニットを継続し、開発トークンを利用できていれば、サスペンション設計に目を向けていただろうと説明した。

「新しいエンジンの設置で忙しかったので、それが我々の考えを支配していたと思うが、異なるやり方ができたと思う」とジェームズ・キーは語る。

「通常の自由があれば、エンジンの取り付けは少し違っていただろう。ルノーエンジン用に設計されたマシンにメルセデスエンジンを取り付けなければならなかった。それがFIAが望んでいたことだ。したがって、メルセデスのために設計されたマシンであれば、通常ではやらないようなことをした。そこにいくつかの妥協があった」

「トークンに関して、フロントサスペンションとその周辺、メカニカル的に少しリア周りに、再び攻撃したであろう領域がいくつかあったが、それが我々に大きな不利益をもたらすとは思っていない。我々が21年のマシンに求めていたコンセプトは、最終的に2020年に導入された」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン