F1:ザク・ブラウン 「2019年のアロンソのインディ500での失敗は私の責任」
ザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソが2019年のインディ500の決勝に進出できなかった理由は自分にあると告白した。

2度目のインディ500挑戦となったフェルナンド・アロンソだが、最後列を争うシュートアウトでまさかの予選落ち。マクラーレンが悲惨なプロジェクトであることが証明された。

2017年の初挑戦は、アンドレッティ・オートスポーツという名門チームとの挑戦だった。エンジン故障によってリタイアしたものの、レースをリードするパフォーマンスを見せていた。

だが、2019年はマクラーレンの独自のプロジェクトによる参戦となり、予選落ちという失敗に終わった。

ザク・ブラウンは、その失敗は自身の決定にあるとし、レースポートフォリオを多様化させ始めたなかで、ボールから目を離すという罪を犯したと語る。

「エクストリームEやインディカー、さらにはeスポーツであっても、同じような献身を捧げなければ、失敗するでだろう」とザク・ブラウンは Speedcafe.com にチームの拡大について語った。

「2つの異なるチーム、3つの異なるチーム、もしくは4つの異なるチームを構築し、いくつかの技術リソース、テクノロジー、ファクトリーに戻ってきたものを共有すること重要だ」

「1人の人間が、ある週末はF1、そのあと、インディカーに取り組むという状況では駄目だ。それは明らかに2019年に機能しなかった」

マクラーレンの現在のインディカーのモデルは、2020年のキャンペーンに先立ってシュミットピーターソンモータースポーツの株式を購入し、プロジェクトが安定して成功したことが明らかになった時点でその投資を増やすことだった。

エクストリームEも同様のケースであり、一部はプロジェクトへの移行はあるものの、既存の人員を使用するのではなく、チームにスタッフを配置するための採用活動を行っている。

ザク・ブラウンは、2019年の失敗の重要な要因は、そういった分離と同等の焦点がなかったことだと説明する。

「当然のことながら、私はF1にレーザーで焦点を合わせていたので、2019年のインディカーの努力は苦しんだ」とザク・ブラウンは認めた。

「私が学んだことは、我々が競争するものは何であれ、各プロジェクトに適切な量のリソースと献身をが必要だということだ」

「インディカーがF1の気を散らしてはならないし、F1がインディカーの気を散らしてもならない」

2019年は、マクラーレンがエンジンパートナーだったホンダF1との困難な時期を経て、F1オペレーションを再構築している最中だった。

アンドレアス・ザイドルを含めた主要な人員が雇われ、コース上では、当時の新人ランド・ノリスを含むまったく新しいドライバーを起用していた。それはザク・ブラウンにとって別の挑戦をもたらしていた。

「2019年を振り返ると、アンドレアス・ザイドルを雇っていたが、彼はまだ参加していなかった」とザク・ブラウンは回想しました。

「F1にはジル(ド・フェラン)がいたが、それまでに私は移行を進めていた。インディカーでのジルの最初のレースはインディ500で、F1でのアンドレアスの最初のレースはバルセロナかモナコのどちらかだったと思う」

「私は待つべきだった。それを間違えて、代償を払った」

それは学ぶには大変な教訓だった。そして、ザク・ブラウンは、マクラーレンの再建を続けているなかで、その教訓を取り入れた。

2021年には、インディカーとF1の両方でレースの勝者となり、インディカーではシリーズタイトルに近づいた。

「マクラーレンからインディカーチームに参加している全員が、インディカーチームに専念している。彼らは過去にF1の人員だった、一度に2つの場所にいることはできないため、2つの役割はない」とザク・ブラウンは説明する。

「我々がインディカーで買収を行った理由の1つは、アンドレアスがF1で素晴らしい仕事をしているからだ」

「私はとても快適だ。すべてのレースに参加する必要はない。アンドレアスはF1チームをコントロールしており、彼のリーダーシップは素晴らしい」

「私の仕事は、彼が必要なリソース、スポンサーシップ、そして、その性質のものを確実に手に入れるのを助けることだ」

「テイラー・キールは、インディカーチームを運営するという素晴らしい仕事をしている」

「2019年はおそらく1年早すぎたと思う。それが私の学びだ」

「早い段階でいくつかの危険信号があったが、十分な注意を払っていなかった」

「本能では、コントロールできていないことが分かっていたが、『アンドレアスが加入し、ジェームズ・キーは始めたばかりなので、それに対処しなければならない』と続けてしまった」

「私はインディカーに相応しい時間と注意を払わなかった。それが結果に現れたし、私の責任だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フェルナンド・アロンソ / インディカー