パトリシオ・オワード 「F1ドライバーを夢見ていないといったら嘘になる」
パトリシオ・オワードは、将来、F1でフルタイムでレースをすることに関心があることを認める。

アロー・マクラーレンSPからインディカーに参戦するパトリシオ・オワードは、今季、優勝を成し遂げたご褒美として12月にアブダビで行われるヤングドライバーテストに出走するチャンスを得た。

先週、パトリシオ・オワードは、マクラーレン・テクノロジー・センターを訪れ、マクラーレンの今季F1マシンMCL35Mでシート合わせを行った。

マクラーレンのボスであるザク・ブラウンは、ヤングドライバーテストの走行を見がそこからパトリシオ・オワードの選択肢を評価すると語っている。。

22歳のメキシコ出身のパトリシオ・オワードは、F1テストに参加することを楽しみにしており、F1ドライバーになってモータースポーツの最高峰で戦うことが彼の“夢”であることを認めた。

将来、F1がレーダーに乗っているかと質問されたパトリシオ・オワードは「そうではない言ったら嘘をつくことになる」と語った。

「すべての子供は同じ夢を見て育つ。そして、その同じ夢は常にF1だ。彼らが、何か他のものだと言っていたら、それは嘘だ。夢はF1だからね」

「今、僕はインディカーでできる最も完璧な仕事をすることに集中している。僕はこのチームに彼らがふさわしいチャンピオンシップを与えたいと思っている。彼らにインディ500を与えたいと思っている」

「そして、将来、それが僕たちの両方に合うものであれば、もちろん、僕はF1でドライブするだろう」

「F1だからね。テクノロジーの面ではトップであり、世界最速のレースカーだ」

近年、マクラーレンは、モータースポーツプログラムをさまざまなシリーズに拡大しており、パトリシオ・オワードはインディカーのドライバーの1人だ。

パトリシオ・オワードは、まだインディカーで達成したいことがたくさんあることを認めるが、最終的にはF1に移行し、最終的にはレースに勝ちたいと考えている。

「僕たちがこれらの目標をすべて達成したら、同じ目的や目標をヨーロッパ側に持ち込みたくないと言ったら嘘になるだろう」とパトリシオ・オワードは語った。

「インディカーでチャンピオンシップを勝ち取りたいというのは間違いなく夢だ。500を勝ち取りたい。その後、それが僕たちの両方に合うものであれば、言いにくいけど、世界選手権が勝つだろう。結局のところ、それは僕たちの関係を本当に完成させるものだと感じている」

「それは完璧な世界だ。それが私のチャートだ。マクラーレンと一緒にすべてを勝ち取りたい。インディカー側から見れば、今年は500の優勝に非常に近かったし、チャンピオンシップの優勝にも非常に近かったので、間違いなく手に入れられる距離にある」

「そして、将来、僕が残りのキャリアでインディカーにとどまるかもしれないなんて誰が分かる? 2~3年でF1に参戦するかもしれないよね?」

「体験するだけではない。切り替えをすれば、勝つために競争することになる。初年度からずっと僕がインディカーでみんなに言っているようにね。初勝利は得られなかったけど、勝利を目指して戦い、多くの表彰台を獲得した」

「『クールだね』とは言えるほどの競争力はない。自分がやっている中で勝者の一人になりたいと思っている。なぜなら、それは僕たちの性質、僕とチームの性質だからだ」

「それが誰もが多くの時間を費やし、多くの犠牲を払っている1つの目標だ。それは間違いなく僕のバケットリスト死ぬまでにしたいことをリスト化したもの)にある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー