訃報:マクラーレンF1の大株主マンスール・オジェが68歳で死去
マクラーレンF1チームの主要株主であるマンスール・オジェが68歳で亡くなった。

パリ生まれのサウジアラビアの億万長者マンスール・オジェは、1984年に株主になった後、約40年間、マクラーレンF1チームの歴史において重要かつ影響力のある役割を果たしてきた。

マクラーレンは、F1アゼルバイジャンGPに先立ち、日曜日の朝に声明で、マンスール・オジェの訃報を発表した。

「マクラーレン・レーシングが1984年以来マクラーレンの株主であったマンスール・オジェの死を発表することは非常に悲しいことです」とマクラーレンF1チームは語った.

「オジェ氏は今朝、家族に見守られながらジュネーブで68歳で安らかに息を引き取りました。マクラーレン・レーシングの全員が家族とともに彼の死を悼み、チームは彼に心からの哀悼の意を表します」

ロン・デニスとパートナーシップを結び、マクラーレンの成功に大きな役割を果たしたマンスール・オジェは、昨年マクラーレンの取締役会から退き、息子のスルタンに交代している。.

TAGグループの元オーナーであるマンスール・オジェは、数年間 IPF 肺疾患に苦しんだ後、2013年に二重肺移植を受けていた。

「マンスール・オジェの訃報は、マクラーレン・レーシングの全員を荒廃させている」とマクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは語った。

「マンスールは、40年近くこのチームの心と魂に刻まれており、その成功の本質だった。彼はあらゆる意味で真のレーサーだった。本当に競争的で、決断力があり、情熱的で、何よりもおそらく彼の決定的な特徴はスポーツだ。戦いの激しさに関係なく、マンスールは常にスポーツを第一に考えていた」

「マンスールは我々のスポーツの巨人だった、謙虚で控えめで、彼が出会ったすべての人の武装を解除した. 彼の穏やかな態度、鋭いウィット、温かいユーモアは、幸運にも彼を知るすべての人々に感動を与えた」

「このチームに対する彼の愛は誰の目にも明らかであり、マクラーレンで働く特権を与えられた我々は、マンスールを印象的でありながら謙虚で、人間的で父親のような人物として覚えているだろう。最も個人的なレベルで、逆境に立ち向かい、立ち直る方法を教えてくれた」

「彼は死に至るまで生き続け、マクラーレン内外の我々全員に絶え間ないインスピレーションを与えてくれた。マンスールの遺産は安泰です。それはこのチームに織り込まれ、永続的だ。我々は彼が望むように走り続け、我々の決意はこれまで以上に強く、彼の記憶と遺産は永遠に我々の心と頭の中にある」

「マクラーレン・レーシングの全員が、彼の家族全員に深い哀悼の意を表します」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン