マクラーレンF1、ハミルトン/フェルスタッペンの衝突のおこぼれを狙う
マクラーレンF1のザク・ブラウンは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンがコース上で衝突するのは時間の問題であり、それによって生まれる可能性があるチャンスを逃さないようにしたいと語る。

開幕4戦を終えてルイス・ハミルトンは3勝を挙げてドライバーズランキングで14ポイントのリードを築いているが、実際にはマックス・フェルスタッペンの方が多くのラップをリードしている。

レースを重ねるごとに両ドライバーのコース上での戦いが激しさを増すにつれて、ザク・ブラウンはこの先、衝突の可能性は避けられないと考えている。

F1モナコGPでマクラーレンの1回限りの“ガルフカラー”のカラーリングを発表したザク・ブラウンは「ライバル関係はこのスポーツにとって素晴らしいものだと思うし、2人の男がそれに参加するのは良いことだと思う」と語った。

「うまくいけば、シーズンのある時点で、それが我々にチャンスを生み出すだろう。なぜなら、彼らが両方ともターン1で退かず、どちらもリタイアするのは時間の問題だと思っているからね」

ルイスハミルトンとマックス・フェルスタッペンの戦いの結果に関係なく、F1にとって緊密な戦いは大きなメリットであるとザク・ブラウンは主張する。

「F1にとっては素晴らしいことだと思う」とザク・ブラウンは語った。

「ルイスは、ニコ(ロズベルグ)との1年間を除けば、かなり簡単に乗り切ることができた。だから、素晴らしいライバル関係だと思う」

「マックスはルイスにステップアップさせたと思う。彼は多くのステップアップが必要だったわけではない。しかし、彼は間違いなく調子を上げている」

「ルイスが非常に賢いドライバーであることは明らかだと思う。彼が攻撃するのを待ちながらそこに居座っているのを見ることができる。それほど熱心ではない。それは彼の経験だと思う。」

マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、F1の2人のフロントランナー間のコース上の緊張のかなりの部分はマックス・フェルスタッペンによって生み出されていると考えている。マックス・フェルスタッペンの方がマシンが遅いため、ライバルに勝つためには危険を冒す必要があるからだとノリスは説明する。

「マックスは(スペインでの)ターン1のように、そういった機会を狙っている」とランド・ノリスは語った。

「それはかなり危険なことだった。ルイスがターンインしていたら、彼らはクラッシュしてしただろう。マックスは彼の動きにかなり熱心だった。しかし、レッドブルは少し遅いので、この段階でマックスはそのチャンスを生かす必要があった」

「しかし、それはそれを楽しくするものでもある。なぜなら、ルイスは挽回して、彼を抜き返そうとしなければならないからだ。だから、楽しいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン