マクラーレン、メルセデスのためにレッドブルの予選アタックを妨害? / F1ポルトガルGP 予選
マクラーレンは、F1ポルトガルGPの予選でメルセデスとの戦いをサポートするためにランド・ノリスにマックス・フェルスタッペンの予選アタックを故意に妨害したとのレッドブル側の主張を否定した。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1ポルトガルGPの予選をマックス・フェルスタッペンを有利に運ばせないために、無線でマクラーレンからランド・ノリスに不穏なメッセージがあったことを示唆した。

ヘルムート・マルコは、レッドブルF1がその無線メッセージに注目しており、エンジンパートナーのメルセデスを後押しするためのマクラーレンによる策略である可能性があると示唆した。

マックス・フェルスタッペンがポールを逃した予選後、ヘルムート・マルコは「もちろん、最速タイムを出してしたときはイライラする。しかし、最初の走行のターン4で、彼は後ろから突風を受けて、それが彼を連れ出した。彼はそれのためにタイムを失い、ゲインできなかった」と Ziggo Sport に語った。

「その後2回目の走行で、ランド・ノリスはマックスに好都合にさせないように言われていた。メルセデスジ寧の非常にスポーツマンらしい行為だ。そして、もちろん、そのあとセバスチャン・ベッテルに出くわし、彼はマシンで忙しかった。ちょっと残念なことだ」

しかし、マクラーレンは、何も悪いことをしていなかったと主張。ライバルにスリップストリームの利益を与えないことを確認していただけだと述べた。

マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは「まず、はっきりさせなければならない。我々は自分たちのために走っており、他の誰かのために走っているわけではない。我々の目標は2台のマシンでできる限り高い順位でフィニッシュすることだ」とコメント。

「あれはノーマルなことだと思う。誰もがやっていることだ。マックスも例外ではなかった。他のマシンにメリットになるので、トウを与えたくないのは誰にとっても普通のことだと思う」

「予選とは、他の人の助けを借りずに自分でラップタイムを出すことがすべてだ。おそらく彼らが言及しているのはそのこの無線コールだと思う。メインストレートでみんながしていることを見れば、ラップを終えた後、とにかく邪魔にならないように、スリップストリームから抜け出し、誰もが追加の助けなしに自分でラップを行えるようにしている」

ランド・ノリス自身は、その無線メッセージを、ラップ中にマックス・フェルスタッペンに良いトウを与えることによって支援するべきではないことを意味すると解釈したと述べた。

マックス・フェルスタッペンの不満について尋ねられたランド・ノリスは「何が悪いのか分からない」と語った。

「僕は彼のかなり前にいると確信していたし、彼を通過させたとき、完全に右側に寄っていた。まるでトラックの反対側のように、2速でできるだけゆっくりと走っていた」

「彼の邪魔にならないように最善を尽くしていた。彼やそのようなものを邪魔したくなかった。しかし、言われていることは聞いたり見たりしていないけどね。彼をブロックなどしていない。そもそも、そんなに近くにはいなかった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / レッドブル / メルセデス / F1ポルトガルGP