マクラーレンF1代表 「ルノーのフェルナンド・アロンソは手強い相手になる」
マクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは、かつて所属したフェルナンド・アロンソは、2021年にルノーF1で復帰したときに“手強い相手”になると予想する。

ザク・ブラウンは、マクラーレンでのフェルナンド・アロンソの時間は“恐ろしい”ものだったと表現するが、それは単に結果だけの話であり、アロンソは“完全なプロ”として仕事をしていたと振り返る。

2018年末にF1を離れたフェルナンド・アロンソは、マクラーレンとのインディ500を含めた他のモータースポーツカテゴリーに出場した後、2021年にアルピーヌへとブランド名を変更するルノーからF1に復帰する。

ザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソを擁するルノーはマクラーレンの直接的なライバルになると予想しており、“手強い相手”になると計画する。

「私は彼とのレースをとても楽しんだ」とザク・ブラウンはYouTubeでのインタビューで語った。

「我々は素晴らしい関係を築いている。残念ながら、我々はレーストラックでは良い時間よりも多くの悪い時間を過ごした。彼は私が得ていた評判を目にすることはなかった。誰もが彼を管理するのは難しいだろうと言っていた。だが、私は彼がとても扱いやすいと感じた」

「彼の労働倫理と知性は誰にも負けないものであり、ルノーでの彼は激しい競争相手になると思う」

「おそらく彼は私がF1で短期間で一緒に仕事をした中で最高のオールラウンドドライバーであり、スピードは間違いなくそこにあると思うので、彼はトラックで倒すのが難しい男になるだろう」

ザク・ブラウンは、F1だけでなく、インディ500、デイトナでもフェルナンド・アロンソとの関係を拡大してきた。

「一度運転したことがあるチームなので、ドライバーの考え方が少しあるし、私が仕事をしてきたドライバーとは少し異なっていたかどうかはわからないが、一緒に過ごした恐ろしい3年間で何の事故もなかった」とザク・ブラウンは語る。

「彼は、7位であろうと17位であろうと、週末ごとに、すべてのラップで全力を尽くしていた」

「彼は完全なプロだ。2017年にインディアナポリスに行ったのは最高だった。その決断で世界に衝撃を与え、27周をリードしたのは最高の瞬間だったと思う。もちろん、エンジンが逝ってしまったことで、それは涙で終わったがね。2019年のインディは大惨事だったが、彼は完全なプロだった」

「私は彼にル・マンに行かせて、そこで彼は勝った。我々はデイトナを一緒に戦い、彼と素晴らしい関係を築いたし、多大な敬意を払っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ルノー / フェルナンド・アロンソ