マクラーレンF1代表 「フェラーリはランキング3位争いに絡んでくる」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1トルコGPで強力なパフォーマンスを見せたフェラーリが残りのレースでコンストラクターズ選手権の3位争いに絡んでくる可能性があると警戒する。

ルノー、マクラーレン、レーシング・ポイントは、コンストラクターズ選手権3位争いで1ポイント差でイスタンブールに到着した。だが、フェラーリはF1トルコGPで3位と4位という今季最高成績を収め、ランキング3位争いは4つ巴の見通しを高めた。

セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールはフェラーリに合計27ポイントを加算し、5位のルノーにわずか6ポイント差まで迫った。

マクラーレンは、カルロス・サインツが5位、ランド・ノリスが8位でフィニッシュ。その結果、3位のレーシング・ポイント(154ポイント)、4位のマクラーレン(149ポイント)、5位のルノー(136ポイント)、6位のフェラーリ(130ポイント)と4チームが24ポイント以内にひしめく状況となった。

「コンストラクターズチャンピオンシップでの戦いに留まることができたので、この結果を獲得できたことはもちろん我々にとって素晴らしいことだった」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「しかし、現時点での我々はこの戦いにおいて間違いなく3番手や4番手に速いマシンではない」

「そして、フェラーリが再び良い結果を収めたことで、突然、この3番目、4番目、5番目、6番目の4チーム間で戦いとなった。」

アンドレアス・サイドル氏、フェラーリからの脅威の可能性について「心配や懸念」といったものはなく、「私はただ現実的なだけだ」と語る。

「私はフェラーリのようなあらゆるリソースを備えたチームが何ができるかを知っている。そして、彼らがシーズン中にカムバックするのは驚くことではない」

「我々はフェラーリが持っている力を過小評価したことはない。彼らには2人の素晴らしいドライバーもいるし、明らかに素晴らしいチームがいる。それが我々の現実だ」

「我々としては、自分たちにできること、持っているすべてのことから最大限を引き出すためにシンプルに自分たちのことに集中することが重要だ。我々には去年と比較して大幅な前進を果たしている競争力のあるマシンがある」

マクラーレンF1は、14戦で149ポイントを獲得しているが、昨年の同じ段階よりも76ポイント多く獲得している。

アンドレアス・ザイドルは、そのポイント数は「我々がとともに大きな前進を示したことを改めて示している」と語る。

「しかし同時に、非常に強い競争相手がいるので、最後のレースまでこの戦いを存続させたいと思っていまる」

アンドレアス・ザイドルは、F1トルコGPのいくつかの段階で見せたパフォーマンスは有望だったが、戦略面で潜在的なポイントを最大化できなかった可能性があると認める。

「レースに目を向ければ、明らかにチャンスを逃したように感じる。なぜなら、我々のマシンが持っていたペース、最終的にフェラーリに非常に近いかったからだ。チームとしてもっとプッシュしていれば。カルロスとともにもっと多くのポイントを獲得することが可能だったかもしれない」とアンドレアス・ザイドルは語る。

「しかし同時に、タイヤの寿命の面でも非常に重要だったため、難しい決断だった。すぐにゼロポイントになる可能性もあった。全体的にドライバーと協力してチームはうまく管理されていたし、結果に満足していいと思う」


「印象的だったのは、特にインターミディエイトタイヤで、我々が示したペースだ。マシンにスイッチが入っていた。少しフリーエアに出ると、カルロスもランドもペースがあった。実際にそれは非常に驚くべき、競争のあるペースだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フェラーリ