マクラーレンF1、バーレーン国立銀行からの融資を確保との報道
マクラーレン・グループは、緊急の現金不足に対処するためにバーレーン国立銀行(NBB)からの融資を確保したと報じられている。

この動きにより、マクラーレンは所有権の大部分を共有する“友好的”な組織から、必要な借り換えの少なくとも最初の段階を取得できるようになる。

バーレーン国立銀行は、同億の政府の主権資産ファンドであるムムタラカット・ホールディング・カンパニー(Mumtalakat Holding Company)が株式の44%所有しており、マクラーレンの株式56%も所有している。両当事者間のローンは、金融市場で利用可能なものよりも有利な条件になる。

裁判所の文書によると、マクラーレンが2億8,000万ポンドを求めており、新型コロナウイルス危機の影響が会社に大きな打撃を与えたため、7月中旬までに新しい資金が必要になることを示している。

最近、マクラーレン・ホールディングスは、住宅ローンを介して現金を調達したり、住宅ローンを売却するために、サリー州ワーキングのマクラーレン・テクノロジー・センターの不動産物件と歴史的なF1マシンのコレクションを担保として解放するための訴訟を開始していた。

マクラーレンは、不動産物件とF1マシンのコレクションの両方を使用して、いくつかのオプションを開いている。しかし、これまでのところ、主要な資産を担保とすることで新しい資金調達に使用することは望んでいない債券保有者のグループによって動きが阻止されている。

債権者のグループはマクラーレンにローンを提供する独自の計画を持っていますが、その条件は会社に受け入れられない。

マクラーレンは、債券保有者が「グループの他の債権者とその利害関係者への影響に関係なく、グループが代替の融資提案を(彼らの指示する条件で)受け入れざるを得ない状況を作り出そうとしている」と述べた。

先週、裁判官はマクラーレンが資産を解放し、現金を調達するための独自の計画を進めようとしているため、7月2日から英国の裁判所を介して裁判を迅速に進めることに同意した。

Sky News によって最初に報告されたNBBローンは、短期的に実現する可能性があり、法的措置がなくても成功すると理解されている。実際、バーレーンのコネクションは、不動産物件とヘリテージカーがリリースされ、担保として利用可能にするることが必ずしも要件ではないことを意味する。

マクラーレンの広報担当は、最新の動向についてコメントすることを拒否している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン