F1 マクラーレン カナダGP
マクラーレンは、F1カナダGPの金曜フリー走行で、カルロス・サインツが4番手、ランド・ノリスが11番手だった。

カルロス・サインツ (4番手)
「かなり満足できる金曜日だったと思う。野心的な走行プランだったし、何度もアウトインを繰り返して、空力のための多くのテストをしたし、バック・トゥ・バックで多くのコンポーネントを試して適切な妥協点を探った」

「その点では正しい方向で作業できていると思うし、パフォーマンスを追求するための新しいパーツがあるのはいいことだ。午前中のセッションからクルマを快適に感じていたし、それはラップをまとめて、ロングランでよいペースを発揮することに明らかに役立った。それは心強いことだけど、今日はプラクティスに過ぎないし、明日も今日のペースを発揮できるように集中してハードワークを続けていく必要がある」

ランド・ノリス (11番手)
「全体的にあまり良い一日ではなかった。それなりに早くのトラックに慣れることはできた。学ぶのは最も難しいことではない。でも、進歩することに苦労した。いくつかのことに苦労していたし、改善するのが難しかった。ポテンシャルはある。カルロスの方が僕よりもクルマから多くのものを引き出していた。クルマにペースはあるけど、僕が良い仕事をできていない。明日はそこを改善するつもりだし、状況はもっと良くなるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン