F1 マクラーレン コカ・コーラ
マクラーレンは、コカ・コーラと2019年のF1世界選手権におけるスポンサー契約を結んだことを発表した。

マクラーレンとコカ・コーラは、昨年のアメリカ、メキシコ、ブラジル、アブダビでのグランプリで初めてスポンサー契約を結び、その結果は成功したとしていた。

今回の契約により、マクラーレンはコカ・コーラ社の様々な飲料カテゴリーのブランドをプロモーション。コカ・コーラは、シーズンを通してカスタマーイベント、販売活動、オンラインプロモーションとコミニュケーションでマクラーレンと連携していく。

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは「世界で最も認知されているコンシュマーブランドであり、スポーツファンのサポーターであるコカ・コーラが、F1チームとのパートナーシップを拡大することを選択したことを誇りに思うう。2018年のF11トラックでのパートナーとしてのデビューに対してポジティブな反応があった。今後のシーズンでこのパートナーシップの可能性を最大限に探求することを楽しみにしている」と述べた。

コカ・コーラのスポーツ&エンターテイメントパートナーシップ担当副社長、リカルド・フォート「我々は、2019年のレースシーズンに向けてマクラーレンとの関係を広げ、拡大することに興奮している。マクラーレンをスポンサーすることで、世界中でユニークな消費者体験を生み出すことができる」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | F1スポンサー