F1 マクラーレン フェルナンド・アロンソ
マクラーレンは、2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソがF1チームを離れたとしても、マシンの競争力を評価するための適切なベンチマークがなくなるわけではないと確信している。

マクラーレンで失望の数年間を過ごしたフェルナンド・アロンソは、昨シーズン限りでF1を去ることを決断。昨年、ルノーにF1パワーユニットを変更したマクラーレンだったが、期待していた進歩を遂げることはできなかった。

2019年、マクラーレンはカルロス・サインツとランド・ノリスという比較的経験の浅いラインナップを起用するが、マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、マシンがどれくらい進歩を遂げているかを知るために二人がフェルナンド・アロンソと同じくらいプッシュしてくれると信頼を寄せている。

「カルロスには多くの経験があるし、いくつかの異なるチームにいたのは良いことだ」とザク・ブラウンはコメント。

「ランドは非常に速いことを証明してきた。我々のレースカーがどれくらい速いかという究極のパフォーマンスという点では、彼らがクルマの最大限を引き出してくれると思う。彼らはそれを我々に伝えることができるだろう」

「ランドはフェルナンドのような経験やフィードバックの種類を持っていないし、成長するには時間がかかるだろう。だが、カルロスはF1に5年間いる。我々のドライバーに心配はない」

昨年、アブダビで行われたポストシーズンテストでマクラーレンを初めて走らせたカルロス・サインツは、シーズンが始まる前にチームに完全に溶け込むためにクリスマス前にファクトリーで時間を過ごしてきた。

ザク・ブラウンは、カルロス・サインツのここまでのアプローチに感銘を受けており、チームとうまく仕事をしてくれるはずだと確信していると語る。

「契約する前にカルロスのことを知り始めた」とザク・ブラウンはコメント。

「私は彼のことをとても気に入っている。そうでなければ彼と契約はしなかった。だが、2つのことを分けて考えなければならない。人間としての彼、そして、ドライバーとしての彼をね」

「人間として、彼は非常によく管理、教育されているし、エンテリジェントだ。彼は人生のなかでモーターレースを中心に活動してきたと思う。彼のパーソナリティと姿勢を気に入っている」

「彼はとても親しみやすく、商業的にも彼はスポンサーに非常にフレンドリーだt思う。コーナー外のパッケージがそれを物語っている」

「彼は非常に献身的だし、多くの質問をしてくる。彼の年齢を考えれば非常に成熟している。だが、それは彼がF1n長く携わってきたことによるものだと思う」

「ドライバーとしては、これまで見てきたものに非常に感銘を受けている。彼は積極的だし、エンジニアリングチームにい深く関与し、何が起こっているかを知りたがっている」

「彼は私やエンジニアと電話での時間を過ごし、オフシーズンにフェルナンドと多くの会話をしてきた。彼は非常に熱心だ。彼はとても興奮していると思う。彼は我々の再建の道に加わることに気合が入っていると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン