F1 マクラーレン 2018年のF1世界選手権
マクラーレンは、2018年のF1世界選手権のための特定の目標を設定することには慎重だが、ルノーのF1エンジンとともに“トップに返り咲く必要がある”ことを明確にした。

不遇の3シーズンを経て、マクラーレンはホンダとのパートナーシップ解消を決断。今年からルノーのF1パワーユニットを搭載し、表彰台への復帰を目指している。

マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、マクラーレンがフロントランナーとしての地位を取り戻すことが不可欠だと Sky Sports F1 に語った。

2018年のコンストラクターズ選手権の目標について質問されたザク・ブラウンは「我々はビッグチームのひとつであり、トップに返り咲く必要がある」とザク・ブラウンはコメント。

「我々はいかなる予想もしていないし、それを公にするつもりはない。それは危険なことだ」

「我々はコンストラクターズ選手権9位に落ちたので、それよりは良くなることは約束できる。だが、それが我々が必要としている概算だ。上位に挑戦できることを期待している」

「我々には競争力のあるレースカーがあると思うし、フェルナンド(アロンソ)、ストフェル(バンドーン)が互いにレースをする光景を目にすると思う。エキサイティングになるだろう。同士討ちさえしなければね! そして、我々が表彰台を争うことを期待しているし、その最上段であることを願っている」

だが、優勝から5年間遠ざかっているマクラーレンは、勝利を独占しているトップ3チームに割って入ることは“非常に難しい”だろうと認める。

「メルセデス、フェラーリ、レッドブルは、大きい予算を持った素晴らしいチームだ。2021年からの新しい契約でそれに対処できることをきたいしているが、それはまだ数年先だ」

「我々は彼らを懸命に追いかけていくし、何度かシャンパンをまき散らせることを願っている」

昨年、マクラーレンは、最近の伝統を破ってF1マシンに1971年以来となるオレンジのカラーリングを採用した。

しかし、2018年には昨年5月にフェルナンド・アロンソがインディ500に参戦した際にマクラーレン・ホンダ・アンドレッティのマシンに採用された伝統的なパパイヤオレンジのカラーリングが復活するとの噂が広まってる。

ザク・ブラウンは、マクラーレン MCL33がこれまでとは異なるカラーリングを纏うことになると約束し、いくつかスポンサーを獲得していることを付け加えた。

「ファンが我々のクルマに望んでいるようなカラーリングになると思う」とザク・ブラウンはコメント。

「いくつか新しいパートナーが加わる。数社と契約しているし、1月から発表していくことになるだろう。だが、クルマは2017年との異なるルックスになる」

マクラーレンに加わった際、マクラーレンはボーダフォンが離脱した2013年末から不在となっているタイトルスポンサーを迎える入れることが非常に重要だと語っていた。

マクラーレンはまだタイトルスポンサーを獲得していないが、ザク・ブラウンは、スポンサーにより多くの露出を与え、マクラーレンのブランドを保護するために“タイトルパートナー”ではなく“プリンシパルパートナー”を確保することを検討していると述べた。

「我々にはタイトル並みのパートナーが必要だ。私は“タイトル”を“プリンシパル”という原語にし、我々のコマーシャル資産のすべてを調べてきた。レースカーだけでなく、我々の他のレースやビルディングなど、マクラーレンの世界観を商業化する最適な方法を探ってきた」

「その課題を経て“タイトルパートナー”を必要としない計画が策定された。だが、“タイトルパートナー”は必要としないものの、まだ“プリンシパルパートナー”は必要だ。そこに意味論があることはわかっているが、マクラーレンの名前を保護することが重要だ。私がやってみたいことはリングフェンスであり、マクラーレンとしての我々を保持することだ」

「スポンサーの名前がチームの一部になることがそれほど価値のあることだとは思っていない。だが、共同ブランドになるとチームの名前の価値がわずかに低下すると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン