マクラーレン F1
マクラーレンは、最新のシャシーアップデートが、当初の予想していた以上のパフォーマンスを提供していると考えている。

マクラーレンは、F1アメリカGPからフェルナンド・アロンソのマシンに2018年のデザインを見越した新しいフロントウイングを導入。フェルナンド・アロンソは、オースティンでのステップを“素晴らしい”と称賛していた。

アップデートのポテンシャルは、F1メキシコGPで明確になり、フェルナンド・アロンソは、予選Q1でセクター2の最速タイムを記録して5番手タイムで通過している。

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、そのペースにはやや驚いたと認めるものの、アップデートが予想よりもクルマにより多くのスピードをもたらしていることを証明したと考えている。

F1メキシコGPでのペースについてエリック・ブーリエは「我々が予想していたよりも少し良かったと言える」と Autosport にコメント。

「サプライズだった。我々はあのような競争力があるとは予想していなかったが、全てを相対的に見れば、先週末にフェルナンドのマシンに投入した新しいフルパッケージは期待以上のものを届けているように見える。それは良いニュースだ」

「ストフェル(バンドーン)もブラジルではそれを得られることを期待している」

「来年のマシンの一部であるので良い参考にもあるし、自分たちがどの位置にいて、何が出来るかを知るのも良いことだ」

フェルナンド・アロンソは、メキシコでマクラーレンには現時点でF1のベストシャシーがあると主張していた。

だが、エリック・ブーリエは、マクラーレンとレッドブルとの間には様々な特性があり、総合的にランク付けするのは不可能だと考えている。

「そのような意見を聞けるのは嬉しいことだ。明らかにチームが得られる最高の報酬だからね」とエリック・ブーリエは、フェルナンド・アロンソの称賛についてコメント。

「フェルナンドは実力のあるドライバーがシャシーを称賛することで、チームを誇りに思わせてくれるし、もちろん、我々が達成したことを誇りに思っている」

「だが、レース毎にちょっとした違いがあると思う。例えば、我々のクルマとレッドブルのクルマとでは、クルマの特性は異なるし、レッドブルのクルマに対する我々の弱点はわかっている。彼らもその逆をわかってると思う」

「それは我々がまだ仕事をしなければならないことを意味する。だがそれは良いことだ」

「3年前にマシンコンセプトをリセットした後、トップチームにキャッチアップしていることは、かなりの成果だと言えよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン