マクラーレン F1
マクラーレンは、2018年シーズンにF1マシンに伝統の“パパイヤオレンジ”のカラーリングを採用することを検討している。

マクラーレンは、今季マシンMCL32でオレンジとブラックにマシンカラーリングを変更したが、オレンジはマクラーレンの市販車のカスタムカラーである“タロッコオレンジ”が採用された。

しかし、マクラーレンのファンは、今年のインディ500でフェルナンド・アロンソが走らせた“マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ”のマシンに採用された“パパイヤオレンジ”を採用することを熱望しているという。

マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、最終的なマシンカラーリングは今後数週間によって行われるスポンサーとの交渉に左右されるが、“パパイヤオレンジ”が採用される可能性があることを示唆した。

「現在、我々はクルマのデザインを検討しはじめている」とザク・ブラウンはコメント。

「我々は我々がパパイヤオレンジを走らせることを望んでいると思う」

「インディカーに参戦した際、我々は『F1でも同じ色にしてほしい』という意見に圧倒された。我々はクルマの見た目にも指示することができるいくつかのスポンサーの決定を待っているところだ」

「だが、私はパパイヤオレンジを除外しないだろう」

しかし、ザク・ブラウンは、スポンサーと交渉はしているののの、2017年に先駆けてフォース・インディアがスポンサーのBWTのためにピンクのカラーリングに変更したようなブランディングの変革をもたらすようなことはないと付け加えた。

「我々はあらゆる種類のデザインを進めているが、カラーリングに少し要望を入れることができるいくつかのスポンサーの動きがどこに着地するかを見極める必要がある」とザク・ブラウンはコメント。

「我々はオレンジを維持したいと思っているし、それは我々のアイデンティティの一部だと思っている」

「だが、我々は商業的な団体だ。ピンクは少し極端かもしれないがね」

ザク・ブラウンは、マクラーレンが2018年に新たなスポンサーを加えることができると楽観的だが、近い将来にチームがタイトルスポンサーを獲得できるとは確信していないようだ。

「我々のクルマにはパートナーのための多くのスペースがある。我々の活動には非常に励まされており、来年は間違いなくいくつか新しいパートナーが加わることになると予想している」

タイトルスポンサー獲得の可能性について質問されたザク・ブラウンは「チームがどのように商業化に落とし込んできたかを調べてきた」とコメント。

「チームのタイトルはマクラーレンだと思う。チームがタイトルパートナーによって言及されるナスカーとは異なる。それはF1ではあまり起こっていないことだ」

「そのため、タイトルパートナーになることに、他のシリーズのようなメリットはない。我々には2社の主要なパートナーがいるという考え方により慣れており、来年もそうであるべきだ」

カラーリング決定のスケジュールについてザク・ブラウンは「進行中だが、12月1日までに決定する必要がある。チームギアの準備をしなければならないからね。来年はガレージではイメージチェンジを感じることができるだろう」

マクラーレンは、今シーズン限りでホンダとのパートナーシップを解消して、2018年からはルノーのF1エンジンを搭載。新生“マクラーレン・ルノー”として常勝復活を目指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン