マクラーレン ホンダF1 ルノー
マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、来年、ルノーのF1パワーユニットのパフォーマンスを改善すると自信を持っている。

マクラーレンは15日(金)、ホンダとのパートナーシップを今シーズン限りで解消し、2018年からルノーと3年間のF1エンジン契約を結んだことを発表した。

2018年からマクラーレンは、ホンダのワークスからルノーのカスタマーへとステータスが変更になる。

さらにルノーの現行パワーユニットは、ホンダほどではないものの信頼性問題が発生しており、パフォーマンス面でもメルセデスやフェラーリには及ばない。そのため、いくらホンダに競争力がなかったとはいえ、マクラーレンの決断には疑問を向ける者もいる。

だが、ザク・ブラウンはフェラーリの復調を例に挙げ、ルノーは2018年に競争力をつけるはずだと自信を見せている。

「フェラーリは12~24か月前にはメルセデスほどの競争力はなかった。だが、今、彼らは競争力があるように見える。ルノーは素晴らしい会社であり、来年、彼らが3番目のエンジンだと判断するのは時期尚早だと思う」

「モーターレーシングで楽しまなければならない。ホンダは素晴らしい会社だが、うまくいかなかった。我々はそれにがっかりしている。我々には素晴らしい歴史があったが、我々は3年間、精一杯やってきた。今、我々は楽しみにしている」

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエも、ルノーのカスタマーになるが、ワークスルノーとレッドブル・レーシングと同じ扱いを受けるため問題はないと語る。

「我々はルノーの“特権的なカスタマー”だ。エンストンやレッドブル・レーシグと同じエンジンを搭載し、同じ情報にアクセスできる」とエリック・ブーリエはコメント。

「このような言い方をしてみよう。法的にも契約上でも我々は対等だ。だが、そうだね、寛大な心を持たなければならないときもあれば、偏りもあるかもしれない。だが、言ったように法的にも契約上では全ては同じように扱われる」

噂では、フェルナンド・アロンソがマクラーレンにホンダとの契約を解消するようプレッシャーをかけたとされていたが、ザク・ブラウンはそれを否定する。

「このような決定をする際は、チームにとってベストなことをしなければならない。ドライバーにエンジンを決めさせるなどできるわけがない」

ルノーとの契約が成立した今、マクラーレンはフェルナンド・アロンソとの契約をまとめる必要がある。今シーズン限りでマクラーレンとの契約が満了するフェルナンド・アロンソは、1年契約で2018年もマクラーレンに残留するとの見方が強まってる。

「我々はフェルナンド・アロンソが来シーズンの我々のクルマに乗り、今と同じドライバーランナップになるととても自信を持っている」とザク・ブラウンはコメント。

「フェルナンドは非常に重要な資産だ。彼は決定にとても満足しているし、我々は彼がクルマに乗っていることにとても満足している。彼もクルマに乗ることに満足しているし、このストーリーは良いエンディングを迎えることになると思っている」

エリック・ブーリエもフェルナンド・アロンソとの契約延長については「とても近づいている」と語る。「フェルナンドは残留を望んでいる。彼のボディランゲージや話し方でわかると思う。まとまければならないマーケティング的な細かな部分があり、ザク(ブラウン)がそれに取り組んでいる」

シンガポールGPの予選後、フェルナンド・アロンソは「シンガポール後に、このプロジェクト、ルノーのエンジン、来年への期待についてもう少し詳しく知りたいと思う」とコメント。

「今は何もわからない。それを検討してみて、決断するつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | ルノー