マクラーレン・ホンダ
マクラーレン・ホンダが再びF1の勢力になるべく、マクラーレンは自チームのリソースを利用するようホンダに求めている。

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、故障によるダブルリタイアという困難なF1カナダGPの週末を振り返り、マクラーレン・ホンダがより素早く上位グリッドに進むための開発ルートを早めるためのルートを示唆した。

「我々(マクラーレン)は、問題について話し続けている。もちろん、ホンダからもっと多くのことを聞きたいと思っている」

「確かに彼らは聞いている。我々は毎日議論している。みなさんには明かしたくはないがね」

「より早く改善する方法があるし、我々はその経路を進まなければならない」

「もちろん、パートナーを非難するのは簡単だが、パートナーとして我々は支えとならなければならない。我々はこのリカバリータイムを速めるために彼らを手伝う必要がある」

「公平に見て、彼らは2年前にF1に加わることを決定したわけだし、ここにいて勝つことは簡単ではない」

「とにかく、我々がそれをする能力があることを確実にする必要がある」

マクラーレンがホンダに提供できる援助についてエリック・ブーリエは「タイミングに関して言えば、キャッチアップしたいときには基本的にプログラムにより多くのリソースを費やさなければならない」とコメント。

「短期的にそれをしたければ、より経験豊かなリソースをもたらす必要がある」

「我々にはソフトウェア、ITがあるし、たとえそれが何であろうとも、我々にはその経験がある。実際、マクラーレンは彼らがリソースをシフトするのを助けるためにこの領域でホンダへのサポートを提供することができる」

レッドブルとルノーは、新しいパワーユニットを導入して以降、公にお互いを非難しているが、エリック・ブーリエは同じような経路はたどらないと固く決心している。

「ホンダがリカバーすることが重要だ」とエリック・ブーリエはコメント。

「彼らはプログラムに入ってきたばかりなので、今はそこに当惑していると思うが、彼らがいかに素早くリカバーするかの問題だ」

「非難しないのは難しいことだが、それはマネジメントの経験だ。我々は、メディアを通して争っているルノーとレッドブルのようにはなりたくない。そんなことをしても意味はない」

「我々がホンダに移行したことには適切な理由があるし、今はフラストレーションを抱えているとしても、我々はその動きに満足している」

「定期的に人々に知らせていく必要がある。そうだね、痛みを伴うことだし、きまりが悪いかもしれないが、それが巨大で複雑なテクノジーの場所であるF1というものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ホンダF1