セルジオ・ペレス
マクラーレンは、2013年からセルジオ・ペレスと複数年契約を結んだことを発表した。

マクラーレンは、2013年からセルジオ・ペレスがジェンソン・バトンのチームメイトとして加入することを発表。

噂されているルイス・ハミルトンのメルセデスAMG移籍は確実となった。

セルジオ・ペレス
「ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのドライバーになれたことに興奮しているし、嬉しく思っている。マクラーレンという名前はF1の歴史のなかで最も偉大な名前のひとつだ。40年以上の間、マクラーレンはあらゆるレーシングドライバーが走りたいと切望するチームだった。僕はマクラーレンでのアイルトン・セナの多くのワールドチャンピオン獲得の素晴らしいストーリーで育ってきた。彼らが2013年以降のジェンソンのパートナーに僕を選んでくれたことを本当に光栄に思っている。僕は自分のポテンシャルを閉めするために2012年シーズンにとても懸命に取り組んできた。僕は常に謙虚で集中したままだ。ペーター(ザウバー)、ザウバーF1チームのみんなの僕への信頼、そして、F1でレースをするチャンスを与えたことに心から感謝しているし、これからもそれは変わらない。実際、彼らは僕に何ができるかを示すのに完璧なチャンスを与えてくれた。僕のキャリアにとって非常に大きな次のステップに進むチャンスを与えてくれたマーティン(ウィットマーシュ)とボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのみんなにも同じように感謝している。実際、とても大きなステップだけど、幻想は抱いてはいない。どんなドライバーもそうだと思う。でも、僕はそのための準備はできている。残りのシーズンでザウバーで全力を尽くすことに完全に集中したままだけど、すでにボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのみんな、そして、素晴らしいドライバーであり、偉大なチャンピオンとしてずっと賞賛してきたジャンソンと働くことを楽しみにしている。僕が14歳のときから手助けをしてくれたカルロス・スリムJr.にも感謝したい。彼らがいなければ、今日の僕はいなかっただろう。一緒に過ごした過去8年間の旅は驚くべきものだった。ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスと結果を出すために全力を尽くしていくし、彼と僕はそれを成し遂げるために一緒に長く取り組んできた。言ったように、僕はキャリアのこのステージにたどり着くために非常に懸命に働いてきた。今はこの次のさらに刺激的なステージを本当に楽しみにしている。僕が払ってきたあらゆる犠牲が成果を挙げたことは素晴らしいことだ。例えば、15歳でフォーミュラBMWに参戦するために家族のもとを離れてドイツに引越したことを最初の日のことをはっきりと覚えている。僕にとってはタフなことだったあし、そのときはレストランで寝ていた。でも、いつかF1ドライバーになるという夢のために、そのような厳しい時間を経験してきた。最後に、どんなときも僕を励ましてくれた家族、僕の故郷メキシコの人々に感謝したい。ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスで成功するために全力を尽くしていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | セルジオ・ペレス