フェリペ・マッサ 「ベッテルを放出したフェラーリF1の決断は正しい」
元フェラーリのF1ドライバーであるフェリペ・マッサは、セバスチャン・ベッテルを放出するというフェラーリF1の決断は正しいと考えている。

フェルナンド・アロンソやミハエル・シューマッハといった強敵をチームメイトとしてフェラーリF1時代を過ごしたフェリペ・マッサは、2020年のチームの不振を見るのは“とても悲しい”ことだと語る。

「誰もあのような問題を抱えているフェラーリは見たくない」とフェリペ・マッサは Globo に語った。

「例外的なチームだし、間違いなく他チームとは異なる。

「これは並外れたチームであり、間違いなく他のチームとは異なります。ほとんど宗教のようものだ」

現時点では、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを放出するという決断に疑問を呈するものも少なくないが、フェリペ・マッサはそうは思っていない。

「ベッテルの時代は終わっている。今年の彼の結果はフェラーリが契約を更新しなかったことが正しい選択だった可能性があることを示している」

「カルロス・サインツは優れたドライバーだ。若く、成長するための伸びしろがたくさんある。もちろん、何よりも彼らには競争力のあるマシンが必要だが、彼とフェラーリのためにも彼らがそれを手に入れられることを願っている」

フェラーリF1は、立ち直るには何年もかかると認めている。

フェリペ・マッサは、かつてのライバルであるルイス・ハミルトンが完全に支配的であるため、モンツァやムジェロのようなエキサイティングで普通とは異なるレースを見るのは楽しかったと語る。

「だが、今年もハミルトンが支配する年になった」とフェリペ・マッサは語る。

「彼は他のドライバーと遊び、並外れた仕事をしている。ドライバーとしてそれに値する」

現在、ルイス・ハミルトンには彼の政治活動に対して批判的な声もあるが、フェリペ・マッサはハミルトンを尊重すると語る。

「彼は自分のやり方で、議論を提起しようとしているし、トラックでの手助けもしている」とフェリペ・マッサは語った。

「僕たちは常にお互いから学ぶことがあるし、彼がやっていることが良いことであるなら、それを尊重する必要がある。僕は尊重している」

一方でフェリペ・マッサはF1がすぐに“正常”に戻るとは考えていない。

「パンデミックは世界を大きく変え、モータースポーツは完全に変化した」とフェリペ・マッサは語った。

「僕たちは自分たちを守るへの懸念が非常に大きいレースがあるのはとても悲しいことだ。ブラジルがF1を失うことになったことを忘れることはできない。11月には戻ることはない」

「いくつかのカテゴリーが戻ってきているのは良いことだけど、トラックに観客が入って、楽しみ、フォローし、心配することが少なくならない限り、何も正常ではないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・マッサ / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル