フェリペ・マッサ
フェラーリは、フェリペ・マッサは“問題ない”が、予防措置として検査を受けていることを明らかにした。

フェリペ・マッサは、F1モナコGPの決勝で、土曜日フリー走行でのクラッシュと全く同じサンデボーへのアプローチでコントロールを失い、左側からバリアに突っ込み、その後タイヤバリアに激しくクラッシュした。

決勝当日、フェリペ・マッサは“OK”だと発表していたが、痛みによって完全に首を動かすことができないとする報道もあった。

クラッシュ後、F1ドクターは、フェリペ・マッサの首に固定器具を付けてメディカルセンターへ連れて行った。

だが、フェラーリは、フェリペ・マッサは大丈夫だと発表した。

「マッサは大丈夫だ。現在、いくつか検査を受けている」

その後、フェリペ・マッサは、首に痛みはあるが、それ以外は無傷であり、すでに帰路についたと報じられている。

関連:F1モナコGP 結果:ニコ・ロズベルグが今季初優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・マッサ / フェラーリ