ロータス、ヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンの起用を正式発表
ロータスF1レーシングは、2010年のドライバーとしてヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンを起用することを正式発表した。

ここ数週間、ロータスのドライバーに関しては多くの推測が広がっていたが、14日マレーシア取相によって正式にヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンの起用が発表された。リザーブドライバーにはファイルーズ・ファウジーが就任した。

ヤルノ・トゥルーリは、1997年にミナルディでF1デビュー。その後ジョーダン、ルノーと渡り歩き、2004年後半からトヨタのドライバーとして活躍。

ヘイキ・コバライネンは、2006年にルノーのテストドライバーとしてF1キャリアをスタート。2007年に正ドライバーとなったあと、2008年にマクラーレンに移籍。ハンガリーGPで初優勝を飾っている。

トニー・フェルナンデス (ロータスF1チーム代表)
「我々のデビューシーズンのドライバーとして、ヤルノ、ヘイキ・ファイルーズと契約できたことに興奮している。レースドライバーとしてのヤルノ、ヘイキ、ファイルーズの指名は、我々のチームの品質、野心、ドライブ、そしてF1での長期的な成功へのヴィジョンの証だ。ヤルノとヘイキは照射であり、F1で実績を証明しており、2010年にチームとマシンの開発を目指している我々にとって大きな強みだ。ヤルノとヘイキは、どんなにタフな状況でも堅実な結果を成し遂げる能力を証明してきた多才なドライバーだ。ファイルーズの起用も素晴らしいニュースだ。彼が現時点で最高のマレーシア人ドライバーであることは疑いないことであり、彼をマレーシアのF1チームに迎え入れることは喜ばしいことだ。我々は9月にFIAから2010年の参戦を承認されたばかりだが、すでに再そのマシンを生産しており、我々のためにドライブする2名のF1ウィナー、マレーシア人ドライバーとサインした。3ヶ月の激務も悪いものではない!多くのことが得られたし、我々はすでに達成したが、さらなる限界に向けてプッシュできるよう休暇に向かう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム | ヤルノ・トゥルーリ | ヘイキ・コバライネン