ロータスF1チーム トニー・フェルナンデス
ロータスが、2010年のF1参戦を承認された。チーム名称は「ロータスF1チーム」として参戦する。

1994年以来、F1にロータスの名が復活する。新生ロータスF1チームは、マレーシ政府とマレーシアの企業家の合名会社である1Malaysia F1 Teamが運営する。

ロータスは、最初はロータスカーズのファクトリーから10マイルの場所にあるイギリス・ノーフォークのRTNのファクトリーを拠点とする予定。5万平方フィートの施設は、当初トヨタのF1プログラムのために建設され、その後はベントレーのル・マン・プログラムのために使われていた。

将来は、デザイン、R&D、製造・技術センターは、マレーシアのセパン国際サーキットに建設する予定となっている。

チーム代表を務めるトニー・フェルナンデスは、マレーシアに拠点を置くエアアジア航空を所有するチューングループの創立者でありCEOである。デクニカルディレクターを務めるマイク・ガスコインは、以前、フォース・インディア、トヨタ、ルノー、ジョーダンでテクニカルディレクターを務めていた。

2010年のF1世界選手権のエントリーの一部として、ロータスF1チームはコスワースとのエンジン供給契約およびXracとフォンドテックとの技術パートナーシップに同意している。

ロータスF1チーム

会社名:1Malaysia F1チームSdn Bhd
チーム名:ロータスF1チーム
国名:マレーシア
チーム代表:トニーフェルナンデス

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム