チーム・ロータス
チーム・ロータスのスポークスマンは、2011年F1マシンをバレンシアで行われる1回目の合同テストで投入するが、正式的な発表会は予定していないと述べた。

先週ヒンガムのファクトリーを訪れたチームオーナーのトニー・フェルナンデスは、2011年マシンが「素晴らしい見た目」であり、昨年マシンよりも「洗練されている」と述べたが、チーム・ロータスが「従来の発表会は行わない」予定であることを明らかにした。

だが、チーム・ロータスのスポークスマンによると、多くのライバルチームと同様、チーム・ロータスも2月1日からスタートするバレンシアテストで2011年マシンをデビューさせると f1today.nl に述べた。

「そこにクルマを持ち込む予定です」

またヒスパニア・レーシングが“政治的”な理由でFOTAを脱退した件について、チーム・ロータスは追随するつもりはないことをトニー・フェルナンデスは自身のTwitterで明らかにした。

「我々は、FOTAが非常に素晴らしく、非常に重要なものだと考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム