F1韓国GP
F1韓国GPの主催者は、韓国インターナショナルサーキットの工事がすべて完了しているわけではないとの報道を認めた。

今週、FIAのチャーリー・ホワイティングが霊岩(ヨンアム)にある韓国インターナショナルサーキットを承認したが、初のレース開催まですでに2週間を切っている。

メディアの報道によれば、安全面とアスファルトについては要件を満たしたものの、会場全体はまだ未完成の状態だという。

「周辺エリアと駐車場などの整備はまだ作業が残っています」とF1韓国GPの主催者KAVOのスポークスマンは Korea Herald(コリア・ヘラルド) に述べた。

「しかし、最終仕上げに入っており、スケジュール通りに準備を整えられるでしょう」

先週末、F1日本GPを戦ったF1チームの機材やマシンは、韓国へ向かい始めている。

ニコ・ロズベルグは、最も重要なアスファルトの最上層が敷かれたばかりであるという点に懸念を示している。

「唯一の心配は、新しいアスファルトだ」とニコ・ロズベルグは Welt にコメント。

1985年には、スパで開催されたF1ベルギーGPで新しいアスファルトが崩壊し、数カ月先に延期されたことがあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1韓国GP