F1韓国GP
韓国自動車競走協会(KARA)と韓国オート・バレー・オペレーション(KAVO)は、2010年10月22日〜24日に開催されるF1韓国GPの組織、運勢、オフィシャルトレーニングのサポートにおいて、オーストラリア・モータースポーツ連盟(CAMS)とパートナーシップを結んだことを発表した。契約期間は3年となる。

CAMSのアンドリュー・パパドプロス会長は「バーレーンとシンガポールでのオフィシャルトレーニングの良好なパートナーシップに続き、KARAとKAVOが、CAMSとそのオフィシャルが提供する広範囲でプロフェッショナルなサービスを認めてくれたことを嬉しく思っている。我々の地域だけでなく、世界でFIA地域トレーニング・プロバイダーの先頭を行くCAMSのポジションを再確認する実にエキサイティングなパートナシップである」と述べた。

KARAとKAVOのチャン・ユンチョ代表は「これは我々の組織間の本物のパートナーシップだ。FIA地域トレーニング・プロバイダとして、CAMSは知識と専門技術を証明しており、それは我々の長期的な能力と韓国のモータースポーツ文化の構築を援助するだけでなく、適切なマナーで初のF1韓国GPを開催することを確実にするものだ。素晴らしい! 韓国にとってレイキ的なイベントであり、CAMSが提供する知識と経験が、我々がこの重要行事を印象的なものにするのに大きな援助となることは疑いのないことだ」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1韓国GP