ジョリオン・パーマー ルノーF1 シンガポールグランプリ
ジョリオン・パーマーが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

ジョリオン・パーマー (ルノー)
「シンガポールは大好きだ。投下照明の下で走る本当にユニークなイベントだからね。GP2シリーズで勝っている場所だし、最高の勝利のひとつだった。実際、あそこでは2年間レースをしているし、2年ともとても良かった。こっと良い思い出を作れることを願っているよ」

「夜に走るのはクールな気分だ。照明によってサーキットがとてもはっきり見えるけど、バックグラウンドは暗闇なので、視界が流されてしまう。最終セクターは、グランドスタンドの下にあるセクションが本当にチャレンジだ。タイトな橋も本性が必要になる。完璧なラップを繋げるのはとても試練だ。橋の上やラップの中盤はうまくまとめるのがかなり難しい。曲がりながらブレーキングするので、ホイールをロックさせやすい。最終セクターはとてもタイトでツイスティだ」

「サーキットは週末を通して、ラバーが乗ってかなり変化するし、FP1とFP2、FP3と予選とでは気象条件が異なる。一般的に夜になるほど涼しくなるのでクルマのバランスにうまく対処するには多くの仕事が必要だ。普通のレース週末ではないね!」

「夜に多くの作業を完了させて、いつもよりも遅くに起きるので変な週末だ。だから、都市を見て回る時間はあまり取れない。でも、レースで素晴らしい点は、都市の中心にあるので、望める全てに囲まられていることだ。良いレストランのために遠くまで行く必要はない。地元の文化を試すのはいつも本当に楽しい」

関連:2017 F1シンガポールGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョリオン・パーマー | ルノー | F1シンガポールGP