インディカー
2019年のインディカー・シリーズ 第10戦 ロード・アメリカの決勝が6月23日(日)に行われ、アレクサンダー・ロッシが優勝。佐藤琢磨は10位だった。

シーズン全17戦で行われるインディカー・シリーズは折り返し点を過ぎ、ウィスコンシン州のロード・アメリカで第10戦を迎えた。

ロード・アメリカは1955年に開設された全長4.014マイル(約6.46㎞)のサーキットで、14のコーナーを持つロードコース。コースレイアウトは開設時から変わっておらず、伝統あるサーキットとして、NASCARなどの北米選手権も開催されている。

ポールポジションを獲得したのはコルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー・レーシング)。19歳83日で史上最年少ポールポジション獲得記録を更新した。ハータは第2戦で18歳と359日でインディーカー最年少勝利記録も更新している。

だが、レースの主役はアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)だが、スタート直後のターン1~2でトップを立ったアレクサンダー・ロッシはピットストップのタイミング以外でトップを譲ることなくレースを支配。今シーズン2勝目。キャリア7勝目を挙げた。

2位にはウィル・パワー、3位にはジョセフ・ニューガーンとペンスキーの二人が表彰台に立った。

佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は10位でフィニッシュ。6番手からスタートしてオープニングラップで1つ順位を上げたが、その後、他車に押し出されるかたちでコースオフ。13番手から挽回した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー