インディカー ライアン・ハンターレイ 佐藤琢磨 デトロイト
2018年のインディカー・シリーズ 第8戦 デトロイトGPの決勝が6月3日(日)に行われ、ライアン・ハンターレイが優勝。佐藤琢磨は17位でレースを終えた。

近年のインディカー・シリーズでは、メモリアルデイにインディアナポリス500(インディ500)を終えた翌週には、アメリカ自動車業界の首都デトロイトで、ダブルヘッダーを開催するのが恒例となっている。

デトロイトの近郊、デトロイトリバーに浮かぶベル・アイルに特設される公園内の道路を使った全長2.34マイルのストリートコースで前日の第7戦に続き、3日(日)は第8戦を開催。日曜日は予選では降雨によってウエットで行われたが、決勝は快晴のドライとまったく異なるコンディションのなかでレースを迎えた。

スタートでは、パレードラップ中にゼネラルモーターズの重役が運転するペースカーが単独クラッシュを喫するというアクシデントが発生。30分以上の中断の後、正式なスタートが切られた。

前日同様にレッドタイヤよりもブラックタイヤの方がパフォーマンスを発揮した決勝。優勝は10番グリッドからスタートしたライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)。3ストップ戦略を敢行して順位を上げていったハンターレイは、53周目の最後のピットストップで6.3秒という素晴らしい作業で2番手でコースに復帰。ポールポジションからトップを走行していたチームメイトのアレクサンダー・ロッシにプレッシャーをかける。

2ストップ戦略のアレクサンダー・ロッシは2周にわたってタイヤをロックさせ、タイヤが完全に壊して残り6周でコースオフ。これでリードを奪ったハンターレイはトップでチェッカー。2015年ポコノ以来となる3年ぶりの勝利を挙げた。

2位にはウィル・パワー(チーム・ペンスキー)、3位にはエド・ジョーンズ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)が続いた。

20番グリッドからのスタートとなった佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、1回目のピットストップを早める3ストップ戦略を採用するが、ピットアウトのたびにトラフィックに捕まる苦しい展開。17位でレースを終えた。

2018 インディカー 第8戦 デトロイト 決勝 結果

PosNoDriverTeam 
128ライアン・ハンターレイAndretti AutosportH
212ウィル・パワーTeam PenskeC
310エド・ジョーンズChip Ganassi RacingH
49スコット・ディクソンChip Ganassi RacingH
515グラハム・レイホールRahal Letterman Lanigan RacingH
66ロバート・ウィッケンズSchmidt Peterson MotorsportsH
714トニー・カナーンAJ Foyt Racing C
823チャーリー・キンボールCarlinC
998マルコ・アンドレッティAndretti AutosportH
1022シモン・パジェノーTeam PenskeC
1159マックス・チルトンCarlinC
1227アレキサンダー・ロッシAndretti AutosportH
1326ザック・ビーチAndretti AutosportH
144マテウス・レイストAJ Foyt Racing C
151ジョセフ・ニューガーデンTeam PenskeC
165ジェームス・ヒンチクリフSchmidt Peterson MotorsportsH
1730佐藤琢磨Rahal Letterman Lanigan RacingH
1820ジョーダン・キングEd Carpenter RacingC
1988ギャリー・チャペスHarding RacingC
2019サンティノ・フェルッチDale Coyne RacingH
2118セバスチャン・ブルデーDale Coyne RacingH
2232レネ・ビンダーJuncos RacingC
2321スペンサー・ピゴットEd Carpenter RacingC


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー