F1 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1
ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーでF1初勝利を挙げたいと語る。

2017年にルノーに移籍したニコ・ヒュルケンベルグは、2018年に“ベスト・オブ・ザ・レスト”となるドライバーズ選手権7位で終了。しかし、F1デビュー以来、いまだ表彰台に上ることができていない。

2018年をコンストラクターズ選手権4位で終えたルノーもワークス復帰以来まだ表彰台を獲得できておらず、今シーズンはメルセデス、フェラーリ、レッドブルに近づくことを目標としている。

ニコ・ヒュルケンベルグは「初表彰台、初勝利を挙げるまでルノーに居続けたい」と Autosprint にコメント。

2019年、ルノーにはレッドブル・レーシングからダニエル・リカルドが加入する。

「ダニエルがチームメイトになると聞いたときは、打ちのめされて、泣いたよ」とニコ・ヒュルケンベルグは冗談交じりにコメント。

「いいや、嬉しかったけどね。発表される前日にそのことを聞いていたし、良いニュースだったよ」

ルノーF1チームは、2019年F1マシン『R.S.19』を2月12日(火)にエンストンのファクトリーで開催する発表イベントでお披露目することを明らかにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ルノー