HRT F112
HRTの2012年F1マシン「F112」は、コスワース製エンジンとウィリアムズ製ギアボックス、そしてチーム初となるKERSを搭載。他の2012年F1マシンの“段差ノーズ”とは異なるノーズの処理が特徴的。

F112 主要諸元

シャシー名称F112
シャシーカーボンファイバー&ハニカム・コンポジット製モノコック
フロントサスペンションプッシュロッド式トーションスプリングおよびアンチロールバーを介したロッカーを含むカーボンファイバー製ダブルウィッシュボーン
リアサスペンションプルロッド式トーションスプリングおよびアンチロールバーを介したロッカーを含むカーボンファイバー製ダブルウィッシュボーン
ダンバー油圧ダンパー
燃料タンク ケブラー強化ゴム燃料タンク
ステアリングホイールカーボンファイバー製、ダッシュ・エレクトロニクスと計器を統合
ステアリングシステムHRT製 油圧制御システム
ギアボックスウィリアムズ製7速セミオートマチック“クイックシフト”
クラッチカーボン製マルチプレート
ブレーキ6ピストンキャリパー、、カーボンブレーキディスク及びパッド
冷却システムアルミニウム製 オイル、水温、ギアボックスクーラー
シートベルトOMP製
コックピット解剖学的に成形されたカーボンコンポジット製、6点式シートベルト、HANSシステム
エレクトロニクスFIA標準ECUおよびFIA承認電子・電気システム
バッテリー12V
ホイールマグネシウム製アロイホイール
タイヤピレリ Pゼロ

ディメンション

全幅1,800mm
全高950mm
フロントトレッド1445mm
リアトレッド1420mm
マシン重量640kg

エンジン諸元

型式コスワース CA2012
排気量2,400cc
形体V型8気筒
重量95kg (FIA規定最低重量)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: HRT | F1マシン