ホンダ WTCC
世界ツーリングカー選手権(WTCC)は4月の開幕戦に向けて、3月14日と15日に、イタリア・モンツァで合同テストを開催。 最高峰クラスとなるTC1に参戦する11台がテストに参加し、シリーズで最も高速コースとなるモンツァで、2日間、精力的に走行を重ねた。

Honda Civic WTCC陣営は、Castrol Honda World Touring Car Teamのティアゴ・モンテイロ、ノルベルト・ミケリス、そしてHonda Racing Team J.A.S.の道上龍がテストに参加した。Honda Civic WTCC勢は、1月と2月に独自のテストを行い、今回の合同テストに臨む。

テスト初日の14日、新たに投入した車体に不具合が見つかり、その修復を行ったため、午前のセッションの走行はできなかったが、午後からは3台ともが積極的に周回を重ねた。15日は、新たに投入したエンジン、エアロパーツなどの感触を確認し、マシンのセッティングを詰める作業を行った。ベストラップは、モンテイロが1分53秒509で4番手、ミケリスが1分53秒591で5番手、道上が1分54秒522で7番手となり、2日間のテストを終えている

古川隆一 (Honda Civic WTCC 開発プロジェクトリーダー)
「今回の合同テストは、初めて3台ともが2017年仕様の車体で臨みました。開幕戦に向けてのテストが中心で、新しいアイテムというのは前回のテストからそれほど入ってはいません。新しい車体のシェイクダウンということもあり、ドライバーの反応としては、セッティングがまだちょっと煮つけきれていないかなという印象でした。道上選手も、開幕戦仕様の車体を初めてドライブし、まだ感触がつかみきれていないようです。道上選手のマシンにだけ、改良型のエンジンを入れています。その点でも乗り慣れるまでは時間がかかりましたが、ニュータイヤでそこそこいいタイムが出ていたので、全体としてはよかったかなと思います。タイム差については、お互いに積んでいるウエイトがはっきり分からないのでなんとも言えない部分はありますが、我々のパフォーマンスとしては、まだ改良の余地があると思ってます。開幕に向けてさらに速さを詰めていきたいです。開幕に向けては、もちろん初戦のマラケシュを1-2-3で終えることを目指し、それには、まず予選でトップを取るということを目指します」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1