ホンダF1 「レッドブルと2021年以降の協力について話し合っている」
ホンダF1は、2021年以降もレッドブル・レーシングとのパートナーシップを延長するために契約について話し合っていることを明らかにした。

ホンダF1は2019年のF1シーズンからレッドブル・レーシングへのF1エンジン供給を開始。昨年、ホンダが2020年末でF1から撤退するとの憶測も流れたが、少なくとも、レギュレーションが大幅に変更になる2021年はレッドブルとアルファタウリへのエンジン供給を続け、F1を継続することを発表している。。

「2021年以降、レッドブルとのさらなる協力について話し合っています」とホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は Motorsport-total.com に語る。

しかし、自動車業界は変化し、より電気自動車への方向に進んでいるため、ホンダは選択肢に直面している。世界中の政府はガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車の販売を禁止することを望んでおり、自動車メーカーは投資先を注意深く見なければなりません。

山本雅史も、自動車業界を考慮に入れる必要があると考えている。

「2021年以降、レッドブルと協力について話し合っています。しかし、自動車産業が電気的になっていることも考慮する必要があります。多くの企業は多くのお金を投資しなければならないので、私たちは自分たちの活動とお金を効率的に使う方法に注意する必要があります」

だが、F1は引き続きホンダにとって最優先事項だ。

「もちろん、フォーミュラEにも興味を持っていますし、引き続きフォーローし、情報を収集しています。ですが、現時点ではF1に焦点を合わせており、フォーミュラEには参戦するつもりはありません」と山本雅史は付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル