F1 ピエール・ガスリー 佐藤琢磨
ピエール・ガスリーと佐藤琢磨が、2018年12月9日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで開催された「Honda Racing THANKS DAY 2018」でSUPER GTのGT500クラスを戦うNSX-GTで初走行を行った。

ピエール・ガスリーと佐藤琢磨はエキシビションレース「SUPER GT Grand Final of Honda」で99号車のドライバーを担当し、ARTA NSX-GT、MOTUL MUGEN NSX-GT、KEIHIN NSX-GT、Epson Modulo NSX-GT、RAYBRIG NSX-GTとバトルを繰り広げた。

佐藤琢磨は「めちゃくちゃ楽しかったです。SUPER GTは外からしか見たことないからコックピットの感じとローリングスタートとなかなか楽しませていただきました」とコメント。

スタートドライバーを担当した佐藤琢磨は、スタートでホールショットを奪った。

「ドライバー同士、みんな信頼できるんで思い切りいきましたけど、流石についていけなかったですね」と佐藤琢磨は語った。

同じくSUPER GT初体験となるピエール・ガスリーは「SUPER GTのマシンは本当に楽しいね」とコメント。

「GTカーを走らせることのは経験だったし、目の前にウインドウスクリーンがあることには違和感を感じたけど、クルマのグリップ力やブレーキングなどはアメージングだった」

「テストに参加して限界を引き出してみたいと思くらいだね」

その後、ピエール・ガスリーはトロロッソ・ホンダ STR13、佐藤琢磨はマクラーレン・ホンダMP4/6、そして、ジェンソン・バトンがホンダ RA301でデモ走行を披露。現役F1マシンがツインリンクもでぎを走行するのは10年ぶりとなる。

SUPER GT Grand Final of Honda

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | 佐藤琢磨 | ピエール・ガスリー