F1 ホンダF1 ベルギーGP
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、F1ベルギーGPのトロロッソ・ホンダの決勝レースを振り返った。

トロロッソ・ホンダは、10番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーが9位でフィニッシュして2ポイントを獲得。チームとしては3戦連続のポイント獲得となった。チームメイトのブレンドン・ハートレーは14位完走を果たした。

「我々のマシン特性を考慮すると厳しい戦いになることを想定して臨んだレースだっただけに、高速サーキットであるスパ・フランコルシャンで2ポイントを獲得できたことは喜ぶべき結果だと思います」と田辺豊治はコメント。

「ガスリー選手は終始、非常に素晴らしい走りを見せて入賞圏内をキープしましたし、ハートレー選手もポイントには届かなかったものの、いくつかオーバーテイクも含め、ライバルといいバトルを見せてくれました」

「今回のポイントはチーム全員で獲得したものですしい、パワーユニットとしても週末を通して問題なく、安定したパフォーマンスを継続できました」

「次もPUには厳しいモンツァサーキットでの戦いとなりますが、トロロッソのホームレースですし、いいレースができればと思います」

関連:F1ベルギーGP 結果 | セバスチャン・ベッテルが今季5勝目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1