レッドブル・ホンダ 鈴鹿8時間耐久ロードレース
Hondaワークスチームとして「2018-2019 FIM世界耐久選手権シリーズ最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会」に参戦する「レッドブル・ホンダ」は、鈴鹿8耐仕様マシンのカラーリングを発表した。

Team HRCは、今年もRed Bullをパートナーに迎え、チーム名を『Red Bull Honda』として鈴鹿8耐に参戦。CBR1000RR SP2をベースとしたワークスマシン「CBR1000RRW」も、鈴鹿8耐仕様のカラーリングとなる。

ライダーは、JSB1000で現在ランキング1位(第3戦終了時)の高橋巧に加え、FIMスーパーバイク世界選手権シリーズ(以下、WSBK)に参戦中の清成龍―、HRCテストライダーであるステファン・ブラドルを起用する。

#33 Red Bull Honda
高橋 巧(JSB1000にTeam HRCより参戦中)
「今年はHondaワークスチームとして挑む2年目の鈴鹿8耐。負けられないという気持ちが強いです。ここまでの全日本ロードレースでも好調を維持できていますし、歯車がかみ合った状態で挑める点は昨年との大きな違いです。なんとしてでも昨年のリベンジを果たしたいと思います。また、2010年に同じチームで優勝した清成さん、MotoGPライダーであるブラドル選手と共に戦えることを大変心強く感じています。ぜひRed Bull Hondaの走りに熱い応援をお願いします」

清成 龍一(WSBK にMoriwaki Althea Honda Teamより参戦中)
「Hondaワークスチームのメンバーとして鈴鹿8耐に戻ってこられたことを、大変誇りに思います。これまでのテストでブリヂストンタイヤへの適応はできていますし、本番を最高の状態で迎えられるよう、自分の役割をしっかりと果たしたいです。CBR1000RR SP2は、いつもWSBKで乗っているマシンですし、期待に応えられるように頑張りたいです。ぜひ鈴鹿に足を運んでいただきRed Bull Hondaへの応援を、よろしくお願いします」

ステファン・ブラドル(HRC契約 MotoGP テストライダー)
「Hondaワークスチームの一員として参加できて、とても嬉しく思います。Hondaにとって重要なレースの一つであり、多くの名高い伝説のライダーが勝利してきた、このような大きなイベントに参加することに非常に興奮しています。鈴鹿8耐の優勝経験のある強力なチームメートと共に鈴鹿のファンへ最高のレースを見せるために最善を尽くします」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1