ルイス・ハミルトン、F1映画でコンサルタントとしてブラッド・ピットを手助け
ルイス・ハミルトンは、新しいF1映画でブラッドピットを助けるためにコンサルタントとして雇われた。

アップルスタジオは6月に、まだ題名のないブラッド・ピットを主役にしたF1映画を製作することを発表。このプロジェクトは映画「トップガン メーベリック』のジョセフ・コシンスキーが監督を務め、脚本は同作のアーレン・クルーガー、プロデューサーは「アルマゲドン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」などで知られるジェリー・ブラッカイマーが務めるとされている。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、エグゼクティブプロデューサーとして確認されていたが、より大きな役割も果たしているようだ。

The Sunのレポートによると、37歳のルイス・ハミルトンは、ブラッド・ピットにモータースポーツについて知っておく必要のあるすべてのことを教えるためにコンサルタントを務めることに同意したという。

ある情報筋は「すべてが適切な場所、適切なタイミングで配置されているように見える映画の1つだ」とコメント。

「F1は明らかに巨大だが、ブラッドはこの役割に完全にふさわしい人物だ。ジョセフは、新しいトップガン映画のおかげで、現時点でこれ以上熱い人物はいないし、ルイスは新しい経験の考えに興奮している」

「パーフェクトだ。彼ら全員がそれを望んでいる」

先月のF1アゼルバイジャングランプリに先立ち、ルイス・ハミルトンはこの映画について話しましたが、あまり明らかにすることはできなかった。

「ちょんとした発表はされていないと思うので、あまり多くを語ることはできない」とルイス・ハミルトンは語った。

「でも、それは僕たちがバックグラウンドで取り組んでいるものであり、非常にエキサイティングなプロジェクトで、長い間制作されてきた」

「僕たちはすで脚本に取り組んでいる。僕は脚本に深く関わっており、ブラッド(ピット)と楽しい時間を過ごしている。かなり壮大だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス