メルセデスF1のルイス・ハミルトン、ジョージ・ラッセルの好調ぶりで“不機嫌”に?
2022年のルイス・ハミルトンの問題は、単に競争力ないメルセデスF1マシンだけではない。F1レジェンドのニキラウド・の息子であるマティアス・ラウダによると、今年、7回のF1ワールドチャンピオンがとても「不機嫌」なのは、新しいチームメイトのジョージ・ラッセルのせいでもあると語る。

「彼はミッドフィールドで戦うことに本当に苦労している」とマティアス・ラウダはServusTVに語った。

「まだ初期の段階だが、これまでのところ問題を抱えているのはルイスだけだ。一方、ジョージ・ラッセルにに関しては、ファクトリーチームは彼にとってすべてが新しい」

「ルイスは2021年の最後のレースの最終ラップでタイトルを失った、そして、私が推測するに今のモチベーションは異なる。そして、ラッセルは完全にモチベーションがあり、良い仕事をしているようだ」

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、24歳のジョージ・ラッセルの加入がルイス・ハミルトンを不安にさせているとの見解に同意する。

「ハミルトンは、ラッセルがボッタとは非常に異なる能力を持っていることを発見している」とラルフ・シューマッハはformel1.deに語った。

ラルス・シューマッハは、ジョージ・ラッセルも彼の周りのメルセデスF1チームを非常に効果的に集めていると語る。

「ラッセルは、ハミルトンのように、常にチームの人々を励ましている。彼は今、チームメイトと同じ池で釣りをしている」とラルフ・シューマッハは語った。

「今はラッセルの方が状況をうまく処理していることが分かる。それがルイスを悩ませていると確信している。ルイスは明らかに利己的だが、ドライバーとして我々全員がそうだ。私も以前はそうだった」

「しかし、ルイスは車の中で本当に苦労していて、たくさん不平を言っている。彼は物事がうまくいっているときにもそうするが、今回も彼は苦労しています。」

一方、マティアス・ラウダは、モハメド・ビン・スレイエムがモナコ以降はルイス・ハミルトンにペナルティを科すと誓ったことで、ハミルトンがコックピットでジュエリーを着用することについてのFIA(国際自動車連盟)との戦いに夢中になっていると語る。

「なぜ彼はレースの直後にジュエリーを元に戻さないのか?」とマティアス・ラウダは疑問視した。

「FIAはルールを定めており、1000のレースシリーズで同じでなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / ジョージ・ラッセル