F1王者ルイス・ハミルトン 「ライバルの標的にされることには慣れている」
2020年のF1世界選手権では、マックス・フェルスタッペンやシャルル・ルクレールといった若手がルイス・ハミルトンから王座を奪い取ろうとしてシーズンに挑むが、6回のF1ワールドチャンピオンであるハミルトンにとってライバルの攻撃の対象とされることは新しいことではない。

ルイス・ハミルトンは、その卓越した才能とメルセデスのチーム力により、チームメイトのニコ・ロズベルグに唯一敗れた2014年を除き、過去6年間で5回のF1ワールドチャンピオンを獲得してきた。

ルイス・ハミルトン/メルセデスのパッケージングの優位性にも関わらず、専門家はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンをはじめとするハングリーなライバルの台頭に期待し、2020年のF1世界選手権はハミルトンにとってチャレンジングなシーズンになると予測している。

だが、ルイス・ハミルトンにとってそれはキャリアをスタートさせて以来、ほぼ当たり前のことだった。

「10歳のときに最初のチャンピオンシップを獲得した日以来、攻撃の対象とされてきた。それは僕にとって新しいことではない」とルイス・ハミルトンは語る。

「僕は常に唯一の黒人ドライバーだった。僕は常にチャンピオンシップの最前線にいた。したがって、他の27年間のドライビングと何の違いもない。なので、その空間は僕にとってかなり落ち着いたものだ」

「誰もがベストを尽くそうとするものだし、人々が自分を標的にして挑戦しようとするのはポジティブなことでもある」

「だから、僕たちがなんとかそれをやり遂げて、前でフィニッシュすることのはさらに気分がいいことだ」

ルイス・ハミルトンとメルセデスの勝利はF1で日常的なものとなっているが、ハミルトンと自分のチームの成功に“偶然”なものとは何もないと主張する。

「このチームに参加したとき、僕たちはどこかの段階で勝つと信じていた」とルイス・ハミルトンは説明する。

「僕たちが今のように勝てると思っていたか? まったく思わなかった」

「でも、僕たちがこれほど勝ってきたのは偶然ではないと思う。組織全体、チーム全体、絶対的にすべての個人が集中しているからだ。

「そして、長年にわたって一貫性を見てきた。それは簡単なことではない。でも、それは本当に素晴らしい仕事、たくさんの素晴らしいコミュニケーションから来ている」

「僕たちは自分自身に非常に批判的であり、誰もが非常にオープンであり、慎重に行動している。完璧なチームだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス